FC2ブログ

プロフィール

黒崎

Author:黒崎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
鳴かない夜明け烏
【 鳴かない夜明け烏/アストロモノグラフィ 】


メッセージがシンプルで解り易くて、共感出来る部分も多々有り、私は好きです(*´▽`*)お話の構成も編集も、作り方が凄く丁寧だなぁと思いました。ジャケットが幻想的でとっても綺麗なので、是非サイトに足を運んで頂きたいです…!色合いが2人の辿る道筋の様で、光の表現が美しいです。

※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

ナチュラル少年声のこむぎさん有難う御座居ますご馳走様です!(*ノωノ)
マモル君のおどおど具合がね、何て云うかもう本当にあの、あの、ごめんなさい、物凄い腹立つんですよ(ごめんなさいごめんなさい全力の賞賛です)。いじめっ子がマモル君に「喋り方苛々するなぁ」って云うんですけど、其処で全力で同意しましたよね。そうだよね!そうだよね!こむぎさんだからと思って目を瞑ってきたけどマモルお前!ってなっ(ry そこで更にシテヤラレタ!感なんですけどね。こむぎさんフリークの私にすら苛立ちを覚えさせる程のおどおど具合を表現して居るこむぎさんのお芝居が、其れだけ素晴らしいと云う事ですね。好きです…!何か此のいじめっ子の一言で、あーでも私も苦手な人を前にするとこう云う喋り方になってしまうなぁと思い出して。其れも相手の怒りを助長させる原因なのかなあと。余談ですけれども。いじめっ子達も凄く良い感じに嫌ぁないじめっ子達で、其々立ち位置も良かったです。

ヒカリちゃんは出来過ぎな位「出来過ぎた良い子」だったので、最初のあたりは正直…何か裏が有るに違いない…と思って(←)斜めから見てしまいましたが、本音を曝け出した後のヒカリちゃんは人間臭くて好きです。虚勢を張る所もしっかり「少女」らしさが有って素晴らしかったです。こっこさん好きです(*´▽`*)マモル君然り、苛めを甘んじて受ける様に見せ掛けて、其の実認識される喜びを密かに感じて居たり、そう云う事って実際有ると思うんですよね。私も思い当たる節が有り、着眼点が面白いなぁと思いました。

神崎様無双有難う御座居ます!明るいお父さん像が徐々に滲んで行く様が堪らなくご馳走様ですね。「だぁかぁらぁ」って冷たい眼差しを向けられたいです有難う御座居ます。要所要所に使われている、地を這う様な重い空気の音と云うか、アンビエント系のBGMが凄く効果的で、じわじわ精神的に追い込まれる空間作りがとても良かったです。風が巻き起こって声が掻き消される演出も凄く好きでした。中盤から登場するあの方達の存在で、はっとする仕掛けがまた…!物凄く面影を残して居て、にやにやしてしまう。草凪さんの優しい声も、存在感の有るユキトさんもとても素敵でした。此れからの彼らにも光が有る事を願います。ラストで、また一から関係を始める二人が、本当の意味での「初めまして」として、お互いを苗字で呼び合うシーンが ぐっと来ます。今度こそ本当の意味で友達になれたら良いですね(*ˊᵕˋ*)
【2015/09/04 14:06】 | M3-2015春 感想 |
幸冀の罪


【幸冀の罪/Crystal+】
※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御注意下さい※

幸冀の罪!拝聴致しました!ヽ(*´∀`)人(´∀`*)ノ
ヤマトさん神過ぎる…!こんな大きな企画を次々に、そしてきちんと最後まで完成させるなんて…作品、キャラクターに対する細やかな愛情をひしひし感じます!更新スピードも半端無くって仕事が出来過ぎて真面目に中に何人か居るんじゃないかと思いますヤマトさん…如何なっとるんじゃ…。本当に本当にお疲れ様です!

今回も皆抱き締めたい位可愛い子ばかりで有難う御座居ます(;∀;)開かずの若君ィィイイイ!可愛くて切なくて可哀想で愛しくて兎に角抱き締めたい!否、抱き締めてあげて!お前じゃ!(何)5話…特に5話がもうのたうち回りたい程抱き締めたかったアオイ様…!トウヤの馬鹿!トウヤの馬鹿!・゚・(ノД`;)・゚・馬鹿此のトウヤ馬鹿!でもトウヤの気持ちもアオイ様の気持ちも解るからもう本当此のシーン切なくて…。月を見るシーンも凄く好き(´;ω;`)ヤマトさん可愛い少年もバリ可愛ですね…!凄く好きです…!アオイ様のカズイ様を慕う健気さや、自由が利かない故の歯痒さが辛くて辛くて(´;ω;`)隠れて咳をするお労しさ…おおおん(´;ω;`)そんな事情を抱えて居たのかよぉお嗚呼ぁもう本当にアオイ様…みんな聴いて…。アオイ様の生き様を聴いて…。

長編なので通しで聴いたのですが、途中から…、おや、此の展開はおや、おや、え、良いんですか(゚Д゚//)有難う御座居ます!え、こ、これは何処までヤ(ry と云う展開になっていやぁもう本当有難う御座居ます…!衣擦れの音だけで興奮出来る私は最早悟りの境地。カズイ様、もっと押して良いのよ…(*σωσ)きらきら。カズイ様は威厳の有るお声が其のお立場にぴったりで、頼り甲斐に溢れて居ましたね…!トウヤは毎回リアクションのお声が可愛くて面白くて凄くツボでしたww凄い声出たな今、ってwwトウヤは兎に角可愛かった…コヒメヒメの真似してる所が個人的に凄く好きでしたww末永くお幸せに…!( ;∀;)其々の恋模様、皆の関係性をなぞってから徐々に戦へ、物語の本質へとシフトして、各々の成長も感じる事が出来る構成が素晴らしいですね…!途中で此れは死亡フラグだよぉおお!と思って大分あわあわしました…。ふぇ…。

リンカの様に、物怖じせず明け透けに物を云う強気で物語をぐいぐい引っ張って行くタイプの女の子は、私には扱えないタイプのキャラなので、こう云う子を主役にお話が書けるのは凄いなぁ…!且つ、其々が主役になれるキャラクター作りは毎回勉強させられます。誰に対しても我を貫き通す、すぱんっ!としたリンカの力強い声が清々しいです。正に嵐のような女だ…。ツカサ可愛過ぎでしたね…!事有る毎にリンカを励まして、全く一方通行なのにリンカの為に頑張り過ぎで…!(´;ω;`)リンカ気付いてあげて本当気付いてあげてあなた!「リンカだって可愛いよ…!」じたばた!可愛いのはお前じゃ!時々照れを出して来るツカサ抱き締めたい!(落ち着いて)ツカサの驚く声いちいち可愛過ぎる抱き締めたい。コヒメヒメは最初はこまっしゃくれた姫に違いないと思ってましたが、此の子、一途で健気で可愛くて…少女っぽさの中に高貴さを感じさせるお声もぴったりで、聴けば聴く程好き…!コヒメヒメ(;v;)カズイ様はトウヤを諦める気は無いと思って居たので、一寸意外だったのですが…、トウヤの気持ちは完全にアオイ様に向いてるから身を引いたのかしらと思いつつ…でもコヒメヒメはきっとカズイ様を支える良い奥様になるよ…!末長く幸せになるのだよ…!カレン様イケメン過ぎか…!格好良かったぁ…!(*´▽`*)一声だけで「姐御!」って空気を感じて、揶揄う様な口調もとっても素敵で、アオイ様に対しては優しい所も惚れる…!(;v;)ミヤマさんとのシーンは、其々タイプの違う大人の女性の格好良さが有って好きでした。ミヤマさんの落ち着いた語りが時代を感じさせる作品の雰囲気を作り上げて居て、毎回予告が有る拘りも好きです(*´▽`*)

キャラクターイラストも吃驚する位美しくて繊細で一枚一枚じっくり眺めてしまいました…。
髪のつやから服のしわから指先迄本当に美しいです…!麻っぽいテクスチャも好きだなぁ…!( ;∀;)
配色もお洒落で、キャラクターのイメージにとても合っていて素敵です(´▿`*)コヒメヒメとアオイ様のイラストが特に好きです…
【2015/08/11 21:32】 | 感想 |
コーンフィールドに眠る
【コーンフィールドに眠る/Greedian】


構成が面白くて、聴き終わるともう一度聴きたくなる仕掛けが有りますね。
巧く纏めるのが難しいのですが、個人的には「正解を見つけ出す」と云うより、凡ゆる仮説を立てて話し合ってみたい様な作品でした。

※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

筋道通りに聴けば、ラストが現実で此れ迄の流れが妄想なのでしょうけれど、「事実」が如何あれエリカさんにとってはどちらがより幸せなのかを考えると、何だか悶々と他の道を詮索してしまって…どっちの方が未だマシかなぁとか一人で考えてしまいました。最終的にラストの一言が凄く効いて来ますね。一歩間違えばどちらにでも転べる紙一重感が。カンナさんが云う様に、神様は本当は存在して居なくて、パーカーの時の彼はカンナさんの理性や良心が具現化したものなのかな。冒頭部分の田舎に着いた所でパトカーや救急車の音が鳴ってるのも凄く細かい演出ですよね。効果音でのシーン切り替えの演出もスマートで好きです(´v`*)キャストの皆様は安定感の有る御芝居で、恵瑠々さんのお母さんとヨッシ~バランさんのお父さんが本物過ぎる…!耳に心地良いさかとさんの美声は台詞も語りもとても素敵でした…!

殺戮シーンでの明るい選曲は、其の奇妙なちぐはぐさで銃声と足音が余計に際立って印象に残ります。悪の教典を観た時も思いましたが、愉快なBGMだと妙な高揚感を覚えてふわふわ現実離れして、何だか人間の生死がゲーム感覚に思えてしまう所が恐いですよね。聴いてる側も含め。あのシーンは一見凄く残酷な様で、カンナさんの哀しみが暴走して居る様でも有り、凄く哀しい。

一家団欒シーンは私が個人的に憧れを抱いている「田舎!」「お盆帰省!」と云う雰囲気が有って、凄く好きです(´▿`*)皆様の御芝居も自然に馴染んでいて、年齢差も解り易く、心地良い郷愁。購入特典で拝聴出来るガヤはとっても豪華で聴いてて凄く楽しかったです。タツミさんの優し過ぎる婿養子ぶりとお父さんとのやり取りが好きでしたwwそしてミツキさんの「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏」がwww

ジャケットはカンナさんが逆光に立つ構図が…凄く良いですね…!作品を物語っていて、物悲しくも美しいです。
そして主題歌の後藤さんの歌声が…!柔らかく澄んで居て優しくて、余計に切なくさせます。
【2015/06/25 22:36】 | 感想 |
カワニナル
【カワニナル/人間カプリチオ】


ジャケットイラストが凄く好きです!対になった二人と、茶久君の水面に浮かぶ構図も色遣いもとっても美しくて素敵です(´v`*)
二枚組で結構な長編なのですが、其の分物語が凄く丁寧に綴られていて、ゆっくりゆっくり登場人物の心情をなぞって行くお話でした。劇的な展開が有る訳では無いのですが、力強いメッセージ性が有って、東間さんとファイユさんの間に流れる空気感が、凄く自然で、柔らかくて擽ったくて、優しくて、とても愛おしいです。全編通してBGMが一寸特徴的で、何と云ったら良いのか…大分語弊が有ると思いますが、歯医者の待合室に居るような雰囲気と云うか…リラックス出来ると云うのでしょうか、此れがラジオドラマなら、毎日楽しみにラジオの前で待機するだろうなって、何か変な感想ですが。ゆっくり集中して聴きたい作品です。お話もそうなんですけど、台詞の一つ一つが生っぽくて、些細な一言が凄く印象的です。二周聞くと冒頭から色々追えて楽しめますね。

※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

個人的に、トラック5で東間さんに告白をされた直後の、ファイユさんの「ん?」って返答が凄く好きでした。何かリアルだなぁと思って。感情の表現の仕方が凄く繊細ですね。ひげ太郎さんもユキトさんも作り過ぎない自然なお芝居で、力の抜けた感じがリラックス出来て、音楽と相俟ってヒーリング効果が有る様な気さえしました(´v`*)心地良くて好きです。トラック5が一番好きかなぁ。優しい、優しい。ユキトさんの、呟く様にそっと音を乗せる様な台詞が、ファイユさんのキャラクターを凄く魅力的にしているなと感じました。一癖有るキャラクターなのですが、ファイユさんの独特の雰囲気を受け入れるのに、此のお話の構成が凄く良いなぁと思いました。段々癖になって来ます。茶久君が東間さんに逢いに来た理由が至極シンプルで、其れ故に茶久君可愛くて可愛くて…!抱きしめたい程愛おしい…!(;ω;)タイトルの由来も、じんわり染みて好きです。
【2015/06/13 20:41】 | 感想 |
マグ・メル


【マグ・メル/LaFesta!】

制作時から楽しみにして居りましたマグ・メル!(*´▽`*)
死者蘇生技術が発展した世界で、蘇生の「順番待ち」をする人達が宿泊するホテルのお話。
設定が不思議で素敵ですね。

其々の登場人物にスポットを当てた短編集の様で有りながら、其処彼処に伏線が散りばめられていて、何度か聴いていく内に台詞の意味が解ったりする奥深いドラマでした。演出の効果も有り完全にボケだと思っていたあの台詞とか、「へ?!!あ!そうなんですか!」って気付くと途端にシーンの色が違って見えますね。凡ゆる台詞に耳を澄ませながら、じっくり聴いて頂きたいです(´v`*)

「半面ピエロと人形の司書」が個人的に一番好きかなぁ。「冬の殺人鬼」の空気感も好きです。全部好きです。
恵瑠々さんのサシャ可愛過ぎて吃驚しますね…!否、恵瑠々さんの女の子が可愛いのは周知の事実ですが、少年も少女も見事に嵌って本当に凄いです。ぱぐさんは『BlackSheep』とはまた雰囲気の違う女性役で凄く素敵でした…!快活で明るくて、サシャと「いやいや」「いやいや」言い合う所が二人共可愛くて大好きです。エピローグが特に好き。可 愛 い !!ごろごろごろごろ!

※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

井折さんの安定感有る老紳士の語り、聴き易くて渋みも有って、笑い声にすら年齢を感じられて素敵でした。何度か「此れが井折さん、だよね…?」と確認しつつwwそしてルクロさんとリオにはどんなエピソードが有るんだ…!じたばた!

『半面ピエロと人形の司書』
今作もとっても素敵でした本田さん( ;∀;)キマーマ…!出逢いのシーンのキマーマの自己紹介とか凄く好きです…!少しぎこちなさを感じるピエロが、もう独りの彼の影を『演じてる』感じがして凄く…凄く凄いです。彼とお別れした後は本当にすっきりしてて、心の機微の表現が素晴らしかったです。ニーアとの温度差も好きなのですが、ニーアさんがお話を通して花開く様に変わっていく様がとっても素敵でした。控え目な侭精一杯声を振り絞って自分の気持ちを伝えるシーンは胸に迫ります。美帆さんの透明感有るお声が凄く素敵です。きちんとオチが着いて、凄く綺麗に纏まっているお話だなぁと思いました。二人の今後はとっても楽しい事になりそうで、是非覗いてみたいです(´v`*)

『冬の殺人鬼』
立ち話もアレですし…!成海さんの低音が心地良くて、また此のテンションの低さが殺人鬼をより読めないキャラにしている気がします。グレフさんが此処に来るまでのお話にとても興味が有ります。一体どんな理由で誰の命を奪ってしまったのか。幸せな朝に何だか凄く共感してしまって…何でもない様な日常のきらきらした世界って、本当は当たり前じゃなくて凄く有難い事で、其れに気付いた時、無性に泣けて来るんですよね…。生きているって有難い事です。話が逸れました。

『隠れんぼの双子』
可 愛 過 ぎ か !るくさんとIN9さん可愛過ぎか!けしからん!此のリアル幼女が!( ꒪Д꒪)(褒めてます)「でしょ?」の破壊力半端無ぇ。サシャと追いかけっこしてる所が凄く好きです(*´▽`*)可愛いのう。一生懸命なサシャ可愛過ぎます。ミメットはお姉さんだし、エメットは姉離れして現実を生きなきゃ行けないし、ミメットはきちんとケジメを着けたと云う事なのかな。エメットだけどんどん大きくなって、ミメットは子供の侭の姿で蘇生されたりするのかな…!と思って涙目でしたが、もう直ぐ出て行けるんだねミメット。゚(゚´Д`゚)゚。良かった…!隠れんぼを巧みに生かした台詞が…( ;∀;)IN9さんのお声が綺麗でエメットの無邪気な少年らしさ素晴らしかったです。

『閑話休題』
アロールさん、落ち着いたお声でオーナーらしい貫禄も有って、すっとぼけた感じも可愛かったです。いずれ来る時を思って研究を始めて、其の過程で後悔や葛藤が有って、其れでもお母さんは蘇生出来なかったと云う事なのかな。「お母さんとの思い出は、お母さんが生きている内に沢山作ったつもりだから」と云うサシャのセリフが、マグ・メルと云う作品自体を表している様で、印象的でとっても好きです。そんな風に言い切れるサシャ、凄い。どんな風に毎日を過ごして来たんだろうこの子。生きている内に、後悔せずに想いを伝えて、自分も人も大切にしたいですね。此のムードの欠片も無いヘルム、私は凄くタイプですww爽やかで素敵だなぁヘルムさん。ヘルムさんと居る時のメリエさんの可愛さ何なんでしょうか本当可愛い可愛い!二人共可愛い!お幸せに…!( ;∀;)

エピローグのBGMは未来を予感させる明るさと別れの物悲しさも有って、凄く良かったです!(*´▽`*)
ラストはほんわかして幸せな気持ちになれますね!

【2015/05/29 12:46】 | M3-2015春 感想 |
オーディオドラマ「超鬼兵オーヴァイド」第2話 その声の彼方に


【オーディオドラマ「超鬼兵オーヴァイド」第2話 その声の彼方に/RMR】

面白かったです!ギュアガルン・バルガーズ!(*゚▽゚*)ズレンタスリックルすげー!
わー!そう来たか!と云う俺得な流れに、ケーラさん大活躍で怒涛の展開にどんどん物語に入り込んでしまい、一本のアニメを観た様な感覚でした。第1話は手探りで聴いてる所も有ったので、第2話は純粋に楽しめました(´v`*)オリジナルの世界観が本当にしっかりして居て、聴きながら専門用語を確認していたんですがww其の位、地に足の着いた独創性が素晴らしいです。今回もサブタイトルが恰好良い…!そしてOPが変わってる…!滅茶苦茶恰好良い…!ユメ君が本当に心根が真っ直ぐな純粋少年で、良い意味で凄く吃驚すると云うか…こんなピュアなお話を作れるんだなぁと云う驚きが有りました。ユメ君らしい言葉で語るシーンがとても印象的で素敵です。正に主人公…!凄く真っ直ぐな少年の心を持った作品でした。

ケーラさんの世界チャンピオン設定がドラマの中で凄く活きてて、面白かったし勉強になりました!ユメ君との会話でケーラさんならではの発想や台詞が楽しくって、戦闘の仕方もキャラが立ってて面白いです!「オカルト現象かよ!」が特に好きでしたww何より恰好良過ぎだよぉケーラさん…!゚(゚´Д`゚)゚ボイスドラマならではの状況説明台詞も丁寧で、映像無しでも動きが解り易かったです!(´v`*)第2話でもマリアさんの必死な声が聴けて嬉しかったww可愛過ぎるwwそしてグバド様は何でいつもこんなに凄まじい色気なの…!何なの此の皇帝陛下恐ろしいわ…!匂い立つ様なフェロモン半端無い…!こんな囁かれ方したらもう…もう…ギュアガルン・バルガーズ!(落ち着いて)あの子凄く可愛いですよね、バーク様の事が好きな可愛い声の子…!シーチャかな?幸せになって欲しいあの子…。緋乃さんは本当作品毎に違う印象を下さいますね…きびきびして頼り甲斐の有るお姉さんとっても素敵でした…!ルビーは幼さが残る様な重森さんのお声がより純粋さを生んで居て、ユメ君とは違う可愛さが有りますね(´v`*)ロイスさんの「運命的と言うには窮屈だろうがな」って台詞が凄く好きでした。お、お洒落だ…!煽り口調も絶妙で濃いィ個性的なキャラが沢山で聞き所満載です。

※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

ケーラさんが死亡フラグ過ぎて、こりゃいかん絶対死んでまう…!慰問の話とか始めた時はもう完全に終わったと思いましたww゚(゚´Д`゚)゚ケーラさん死なないでぇえ!と必死で祈りつつ…。ユメ君とケーラさんが二人で乗るとは想像して無かったので、わ、此れは面白いな!と胸が高鳴りました。二人の会話が凄く面白いし、人物像も会話の中で自然に掘り下げられてて、此の二人の組み合わせ凄く良いですね…!ユメ君がルビーで喋っている時の絶妙な乗っ取られ具合と、ユメ君自身の言葉で話す所が素晴らしかったです…!

キリキラ様女の子やったんやなぁ…。「突入ジャンプアウト」の独裁振りが格好良過ぎた…何と云う俺得…゚(゚´Д`゚)゚勝手に格下げされるバークさん不憫過ぎるwwアルトさんの有難い御声を堪能しまくりボイスドラマですね…挙げたらキリが無い程垂涎台詞満載でした有難う御座います有難う御座います…!今回もキリキラ様の装飾品の音が凄く好きでした(´v`*)動きに合わせて鳴る感じがとっても自然で、気を付けないと聞き落としてしまうくらい馴染んでいるなぁと思いました。情念でしがみつく転んでもただでは起きぬキリキラ様…!ズレンタスリックルが無敵過ぎたので、欲を云えばもう少し戦闘シーンも聴いてみたかった…!グバド様の戦う御姿を是非…!バークさん活き活きしていて…井折さんの低音は心地良いですね。出撃する所もキリキラ様に対峙するバークさんも格好良かった…!一矢報いたね…゚(゚´Д`゚)゚ラストは想像の余地も残しつつ、爽やかでEDのタイミングと歌詞にきゅんとしました。キャストコールが大好きなので、入っていて個人的に凄く嬉しかったです(*゚▽゚*) ベルベスフィアで迎え撃つ所や、バークさんが追い掛けて来る所のシーン盛り上げが格好良かったです!


【2015/05/09 16:53】 | M3-2015春 感想 |
GLASSES BREAKER'SⅡ With a Vengeance

前作「GLASSES BREAKER'S」は此方のサイトで無料公開中です!(*'v'*)

今作は、2013-M3秋にて頒布された「GLASSES BREAKER'S」の続編にあたります。
前作ガリエ・ベルトリーノ役で参加されていた神崎智也さんが、今作では企画をされてます。
ガリエ・ベルトリーノは悪役の中の悪役で、一層腹立たしい位のお芝居がとっても素敵だったので、是非聴いて頂きたいです!神崎さんは本当にお声の幅も役の幅も広くて、私は特にガリエ・ベルトリーノの様なおっさん声が好きなのですが、甘い青年声も好きです…!因みに、ガリエ・ベルトリーノを聴いて神崎さんのファンになりました(´v`*)


【GLASSES BREAKER'SⅡ With a Vengeance/ 神崎智也】

続編ですが、今作からでも入り易く、また前作からの引き継ぎ部分も嬉しくなる作り。
スピード感が有ってシーンの切り替えもテンポが良く、一本の映画を観ている様でした!BGMの使い方が物凄く効果的で、シーンの盛り上げ方、一体感が素晴らしかったです。 桐下暁さんの編集凄く好きなんです(;∀; )格好良い…!ノエルの繊細な語りから始まる導入に、対照的なエドとアンジェリカの緊迫シーンで自然にお話に引き込まれます。全体通して怒涛の展開にぐいぐい引き込まれながらも、日常会話との緩急もバランス良く飽きさせない構成。今回立て続けにヨッシ~バランさん出演のボイスドラマを拝聴しましたが、どのキャラもしっかり存在感は有るのに語尾処理や話し方、声色の演じ分けが素晴らしかったです。決め台詞が要所に散りばめられて、エドの台詞がいちいち恰好良い…!箇条書きにしないと間に合わないwww役者さんが素晴らしいので芝居掛かった台詞も違和感無くて、寧ろ逆に心を擽ります。銃声や爆音や激しい効果音がガンガン鳴ってるんですが、耳に痛くない音量バランスで、エドの銃声など立てる所がはしっかり立っててストーリーの流れが掴み易い。恰好良いなぁ…。欲を云えばいつもの淡々としたノエルとエドのやり取りをもっと聴きたかったかな(´v`*)

前作に引き続き女王様wwwwwwwwwwww最高過ぎかwwwwwwwwwwwwwww
砕牙さん演じるテオは本っ当滅茶苦茶可愛いwww美味しい良いキャラですよねー!
短いシーンに物凄いネタをブッ込んでくる所が好きですwww一寸此の番組単体でトラックに入れて欲しいww
此処迄聴き応えが有る番組に仕上がってるのは、ぴかさんと冬沙さんの演技力有っての賜物ですね。
「GLASSES BREAKER'S」は、そう意識しているから余計に感じるのかも知れませんが、題材やストーリー展開、残虐シーンもばっさり容赦無くて、際どい部分にも男性らしさを感じて面白いですね。敵キャラもイケメン・キレイ系ではない、良い意味で汚い濃いィキャラクターにしてくる所が格好良い。前作はさかとさん演じるヴィオラの色気にやられまくりでした。息の抜き方が色っぽくて…!ジェリオもボイスドラマではなかなか見ないタイプの敵キャラで、独特の喋り方でキャラクターを保ったままの断末魔が素晴らしかったです。

前作ガリエ・ベルトリーノも強烈でしたが、今回の敵役達も相当に強烈でした。
ブリッツの「Hello」が滅茶苦茶恰好良い…!こう云う自然な会話から一気に空気が変わる演出大好きです。洋画っぽい。
美藤さんのクズ演技は本当に素敵ですね…!(´v`*)蹴られたい。綺麗めクズもヒャッハァ!!系クズも大好物です。クズ大好物(´v`*)狂気染みた笑い声が凄く好きです。アンフィニさん演じるサイラスは、優しい御声と紳士的な口調がかえってゾクッとさせます。そしてアンジェリカ格好良過ぎか…。・゚・(ノД`)・゚・。息遣いすら色っぽい…。記憶を取り戻す迄のシーンの盛り上げ方とアルトさんの絶叫が絶品です…絶品フルコース…呆気に取られてしまう程すごい…。

橘こむぎさん演じるニコラが、一ミリの悪意も感じさせない無邪気さで締め上げるTr6の緊迫感が…手に汗握る程凄まじい…!こむぎさんの少年声大好きです!BGMに煽られて、耳を塞ぎたいのに目を離せない、追い詰められる演出にドキドキしっ放しでした…!正直な所、私はハッピーエンドが好きなので後味が良いかと云えば良くは無いんですがwwそこがかえって潔いなと思いました。 桐生圭さんの高笑いがまた凄く良いんですよ…「GLASSES BREAKER'S」は魅力的な笑い声と断末魔の宝庫。大好物です…(´v`*)後味悪いと心を抉られる分、聴いた後に鮮烈に印象付けるんですよね。してやられた感…!聴き終わった後も未だに余韻が消えずにくらくらしてます…おのれ神崎坊ちゃん…!ぞ、続編有るんですよね…有るんですよね…?
【2015/05/02 20:39】 | M3-2015春 感想 |
No way to know.


【『No way to know.』ただ落とすのは勿体無いから先行3話お試しディスク/まるみふぁくとりぃ】

うわあ、此れはキャラクターがとっても魅力的ですね…!
稲瀬君の頭カラッポ感が凄く良いですねwwwwwww相槌や一寸した動作に漏れる声が頭悪そうで(褒めてます!)すっごく素敵ですww駄目さ加減のリアルさが半端無いwww駄目さが物凄く自然なんですよね。電話の応答適当過ぎwwww
天合さんは、ナチュラルさを本当にナチュラルに聴かせてしまうお芝居が素晴らしいですね…!
稲瀬君と海棠さん、二人の温度差と会話のテンポが良くて、最初のやり取りだけで凄く面白い!ずっと聴いて居たくなる。
こう云うしゃべくり系ってテンポが大事だと思うので、こんなに気持ち良くぽんぽん掛け合えるのは、天合さんとトーマスGさん御二人の技量有ってこそですね…!凄い。二人の「「いらっしゃいませ」」が恰好良い…!

トーマスGさん演じる海棠さんが物凄く素敵…!相棒の右京さんみたいと云うか(私相棒3回くらいしか見た事無いのですが(´v`;)>)、一度聴いたら忘れられない強烈なキャラクター。耳の内側を引っ掻く様な御声が心地良くて、癖の有る喋り方がすっごく好きです…!素敵なお声だなぁ…!ナレーションにも凄く向いていますね。私も叱られたい。「黙らっしゃいこの給料泥棒」が特に好きです(*'v'*)アルトさんのお声は響きが本当に美しい…!(;∀;)スキッとして綺麗なお声なのにドスが効いていると云うか、有無を云わせぬ迫力が有って、素晴らしい滑舌の台詞回しが聴いてて気持ち良いです。大好きです…!叱られたい←

「STAFF ONLY」wwwwwwww

遊び心溢れる編集もセンスが良くって大好きです!シーンの切り替えや、効果音・BGMの差し込み方が面白い!
秋が愉しみです!(´v`*)
【2015/05/02 20:28】 | M3-2015春 感想 |
先生、ごめんね。


【先生、ごめんね。/人間カプリチオ】

こ、此れが無料…(ごくり)。大人の余裕…(ごくり)。
優しいピアノに乗せた、静かで美しいお話。短編小説の様にお話もすっきり纏まっていて聴き易い。
初聴きの時は、高校生の割に大人びた国見君と、幼い印象の由井先生の年齢差が一寸解り難いかなぁと云う印象だったのですが、二人の性格をよく表していて、聴き終わる頃には気にならなくなって居ました。BGMが印象的で、何処かモラトリアムを感じさせると云うか、暖かくて柔らかい選曲が素敵です。要所要所で聴かせる長さのBGMにして有る演出が、此の作品をゆったりした空気で包んでいるなぁと感じました。
由井先生は年齢よりも幼い雰囲気なんですが、大人的な狡さが有って、其のギャップがリアリティが有って、るくさんの声と相俟って危うい魅力を感じさせます。此れは好きになってしまうわ…。押したら行ける気がしてしまうわ。お父さんとの会話で、絵に重ねた恋心の吐露がお洒落で国見君この野郎生意気。お父さんとのシーンでは大人びた国見君も年相応に聞こえて、きっと将来お父さんみたいに渋くなるんだろうなぁと思いました。

ラストシーンではBGMと先生に泣かされてしまいました(;v;)るくさんとっても素敵…!美しい…!聴こえない振りしてしまうのも先生らしい行動だし、国見君が兎に角紳士的で格好良かったです。イケメン過ぎか。

アリアさん最初解らなかった…!凄い珍しい役…!Σ('д';)
ガヤのアリアさんは直ぐ見付けられたのに!wwガヤに集中し過ぎて巻き戻しましたww

欲を云えば、個人的にはトラックを分けて頂けるともっと聴き易かったかな、と思いました。ごめんなさい( ;∀;)
【2015/05/02 20:26】 | M3-2015春 感想 |
緋色回旋曲〔スカーレットロンド〕


【緋色回旋曲〔スカーレットロンド〕/碧空プラネタリウム】

今迄拝聴させて頂いた碧空さん作品の中でも一際「おお…!」と引き込まれる導入で、「悪魔」と云うイメージを印象的に植え付けるドラマティックな演出。

今回は本当にさかとさんが兎に角さかとさんでさかとさん…!
さかとさんの美声が余す事無く発揮され、深く味わえる作品でした。
演じる役柄に此処迄説得力を持たせる美声とお芝居が兎に角素晴らしくて、『此の色気なら仕方ない』と納得さざるを得ない、悪魔的な魅力を感じました。流石過ぎる…。誰をも惹き付けてしまうユークレースの圧倒的な魅力を、『ボイスドラマ』と云う媒体で表現し得たのは、ミツキさんの描く脚本、台詞、キャラクター、そしてさかとさんの御声とお芝居が有ればこそ。本当に溜息ものでした。「悪戯はいけないよ」とか、「それとも見惚れていたのかな」とか、要所要所に印象的な台詞を効果的に置いていて、リアルに一瞬で心を奪われてしまう。心奪われまくりボイスドラマ。

緋色は聡明で素直で、透明感溢れる久瀬さんのお声が、年相応ながら落ち着きも感じられて美しい。碧空さんならではの女性の言葉遣いも自然に馴染んでいて素敵です。「不快だわ!」が特に好き(´v`*)ラズリは場の空気を変えてくれる底抜けの明るさが可愛くって大好き!ぱぐさんの笑い声はスキッと気持ち良く抜けて、本当に好きなんです!ヽ(*´∀`*)ノそしてとっても良い子なの…!ラズリ良い子…!アンバーさん、短い返答も感情が乗っていて、声を荒げる所もキャラクターが一貫していて凄いなぁ…。日暮さんの落ち着いた優しい声は抱擁感が有って素敵ですね(´v`*)


※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※


ユークレースは緋色と出逢ってから、徐々に自分も気付かぬ内に翻弄されて行く所が可愛くて、本当はとても不器用で繊細な人なんだなぁ、と思いました。悪魔のようなユークレースと、人間味を感じるユークレースの演じ分けも流石でした。物語が進むにつれて緋色に対する声が優しくなっていって、本当にまるで別人の様で、其れが余計に切なくて。此方の思いとは裏腹に捻じ曲がって広がった悪意は、歯痒いけれど止める術が無くて、緋乃さん演じる悪意のメタファー的立ち位置のコーネリアローズさんが正に其の象徴。女性ならではのどろどろした狂気に歪んだ愛情を見事に魅せて居て、ユークレースに初めて出逢った時 余りの美貌に呆然としているお声も素晴らしかったです。碧空さんの女性キャラは皆一癖有って、何処か引っ掛かる部分がキャラクターをより印象的にして居ますよね。最後は紅い染料と緋色を掛けていると思って良いのかな…(´v`*)ラストの二人のやり取りと主題歌を重ねて、胸がぎゅうっとなります。優しい優しい、皆優しい。遣る瀬無い想いが詰まって居るけど、未来に希望が持てる終わり方で、水蜜さんの歌詞がすっごく染みます(;v;)切ないよぉ…

今回は特にBGMが物語を効果的に盛り上げていて、映画みたいで素敵でした。ユークレースの悪魔的な部分を助長して居て緊迫感を煽る。回転木馬の表現方法も見事で、BGMと効果音だけで其れと解る演出が凄い。凡ゆる要素が世界観を造り上げていて、丁寧な作品だなぁと感じます。聴き終わった後に改めて「記者カルセドニの記録」を聴いて、わー!わー!えーっ!ってなりましたww此の公開方法は一粒で二度美味しくって、良いですね。ボイスドラマを聴く前と聴いた後で更に楽しめます。

全然関係無いんですが、ティザーサイトが公開された時は、ユークレースは吸血鬼で、紅い染料は攫って来た人間の血に違いない…!と勝手に思って居ましたww
【2015/05/02 20:23】 | M3-2015春 感想 |
モドル ホーム ススム