プロフィール

黒崎

Author:黒崎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
霧の中のロビン


【霧の中のロビン/碧空プラネタリウム】

2009年発表の今作と、最新作の『ノクチルカの柩』を並行して聴いていたので、コメディ感も有る『霧の中のロビン』とは作風がまるで違うのは当然なのですが、音作りもキャラクター作りも今とは雰囲気が違くって、振り切れたコミカルさや元気なロビン達のテンポの良い会話劇、私の知らない碧空さんの一面を知れた様な新鮮な驚きとわくわく感が有りました!(*´▽`*)特に主人公のコルリさんは、今迄聴いてきた碧空さんのキャラクターの中で此処までアクが強い子と云うのは中々居ない気がして吃驚しました…!湊さんのイラスト、透明感があって凄く綺麗…( ;∀;)

※以下、本編のネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

自己中心的で勝気なコルリさんが中々受け入れられずに、この子は…!!と思いながら聴いていて、ロビンがいなくなった真相で何度か脳内で引っ叩き回しましたが、何と云いますか…同属嫌悪じゃないですけれども、だからこそコルリさんの身勝手さに腹も立ちつつ、自分の痛い所を突かれまくってぐうっとなる気持ちもありました。子供ならではの突発的で向う見ずな衝動によって取り返しのつかない事をしてしまったり、時が経つにつれて忘れてしまった大切にして居た事(もの)、大切にされていた時間、其れを思い出させてくれる作品でした。郵便屋さん登場時の台詞をラストでまた聴けると云う演出がぐっと来ますね…!やっと二人の時間が重なったんだね…!。゚(゚´Д`゚)゚。一先ず思い切り抱きしめてあげたいです。そしてさかとさんの「お姉ちゃん」有難う、有難う御座います…
スポンサーサイト
【2017/07/02 13:59】 | 感想 |
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。