プロフィール

黒崎

Author:黒崎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ワンルーム・ラブストーリー ‐涙で感じる僕らの恋‐


【ワンルーム・ラブストーリー ‐涙で感じる僕らの恋‐】 おにぎりワゴン

01「劣等感で僕は死ぬ」

最近ではアリアさんの女性声を聴く事も多くなりましたが、落ち着いた大人の女性で説得力の有る御芝居がとても素晴らしかったです。徐々に感情を吐露して行き、涙声になる匙加減が絶妙で、絞り出す様な声の出し方とか、堰を切ったように声を荒げる所とかもう最高でした。何か感想気持ち悪くてごめんなさい|ω') 淡々とした吉田さんの御芝居もお話とリンクして凄くリアルでリアル過ぎて、劣等感を具現化した様な此の私には兎に角主人公の台詞の一つ一つが共感出来過ぎて刺さる刺さる…。うーん主人公の気持ちが痛い程…うーん色んな感情を思い起こさせますね。此の短いお話の中に色んな感情が凝縮されて居て辛い。何でしょうね、似た様な経験から来る感情なのか兎に角主人公と呑みに行きたい(違)。此れは非常に現実に即したお話で目を背けたくなる様な、でも此の結末を見届けたくて聴くのを止められない、個人的に妙な依存性が有ります。そんな理由から、今回のお話の中で一番好きです。


02「罪悪感を抱きしめる」

うわぁああああ!このやろ!このやろ!ってなりますねコレね!このやろ!大人ってそう狡いんだよ狡い生き物なんだ!あああもう何だろう気持ち解るけど解ってはいけない様な嗚呼もう本当に狡いよ!ううう此の何とも云えない…お互いの気持ちにいつか決着を着けなくてはいけないと解っていながらも、見ない振りして過ごして行く時間プライスレス…じゃない!駄目なんだ、駄目なんだけどああああ!でも兎に角此の男駄目!(゚Д゚)狡いよ!!!!!!其の優しさは優しさじゃないよ!ただのエゴだよ!熱くなってごめんなさい!あーでも振り切る事は出来ないんですねそうなんですねあー…こうしてまた罪を重ねて行くのですね。此の罪悪感を共有すると云う関係性が何かね、二人の間に他には換えられない密な物が生まれて行くのでしょうね。でね、お姉ちゃんは優しくっておっとりしててふわっと笑う一寸鈍臭い子だったりしたら俺はお前を許さない(何だ此の感想)。


03「安堵感に救われる」

最初はBLなのかなと思って聴いてたんですが、最後の一言で、ん?ん??違うのかなそっちなのかな如何なのかな??って云う…。此の電話口の彼の喋り方と云うか口調も何処か中性的でそこがまた何と云うか、含みを持たせて巧いなぁ。「結婚」と云うワードを出す事によって此れまで変わらずに来た二人の関係に、お互い決着をつけようと…した、と云うか今の本音を探りたかったのかな。答えの無い感じで想像しながら聴くのもまた醍醐味ですね。


04「喪失感に浸る」
一人暮らしで帰って来た感が凄いリアルだわ。私もこんなんだわ…。
「未だ泣ける」って台詞は、「未だ泣ける」安心感と、「未だ泣ける」と言い聞かせている感が、凄く重みが有って切なくて。
短いながらも心に響くお話でした。
スポンサーサイト
【2014/11/07 18:05】 | 感想 |
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。