プロフィール

黒崎

Author:黒崎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

  • 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
スプートニクの記憶

【スプートニクの記憶/碧空プラネタリウム】

『スプートニクの記憶』素晴らしかったです…!
今回本当に冒頭からBGMとの融合が素晴らしくて…!劇伴かと思う位どのシーンも一体感が有り、此れぞボイスドラマだ…!と唸る位引き込まれました。特に『天球儀廻る夜』の導入部は、さかとさん演じる錆の静かな語りと徐々に盛り上がる音楽の重なり方が何度聴いても鳥肌が立つくらい格好良くて…!此れから始まる物語への期待を存分に高めてくれます。もし此れを自分で編集していたら、自己陶酔する程何度も聴いてしまうと思う…其れ位恰好良かった…叶う事ならトラック1丸々フリー公開して欲しい…皆に聴いて欲しい…。『嵐、そして』もわくわくが止まらなかった映画みたいだったつまり全部聴いて下さい(真顔)。

雨宮さん演じる菫の語りで物語が綴られ、其の絶妙な幼さ残る等身大の少女らしさには、全編通してずっと絵本の読み聞かせを聴いてる様な心地良い感覚が有りました。砂漠やメイヤの遺跡を思い浮かべ、自然と物語に浸れる没入感。菫の真っ直ぐで正義感溢れる純粋さが物語によりリアリティを与えていて、此れは本当に碧空プラネタリウムさんの真骨頂!と何度も思いました。此れから碧空さんの作品を拝聴される方に是非聴いて欲しい作品ですが、ただ今迄の数々の作品があってこその『スプートニクの記憶』なので、矢張り最初から聴いて欲しいです…!さかとさんはいつでも大好きなのですが、今回の錆は本当に本当に素晴らしかったです…!深い優しさを感じる静かで落ち着いたお声で( ;∀;)いつもの様に突然背後から刺されそうなさかとさんではない、何処までも慈愛に満ちたお声が堪らなく耳からリラクゼーション。私、錆の身体を纏う上質素材の布になりたい。菫の嘘のない心が伝わるお芝居に、隊長の人間らしさや弱さも好感が持てました。TAKさんは個人的に筋骨隆々な漢!のイメージが有ったので、今回お名前を拝見するまで気が付かず、わぎゃー!TAKさん素晴らしい…!となりましたヽ(*´∀`*)ノ

※以下、本編のネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

ムーンディスクに込められた群青の気持ちが錆にしっかり届いていて、すごく嬉しかった…。群青と云う人をよく知っている錆だからこそ、群青の気持ちをよく理解して、想いを受け止められたから菫に託す事が出来て…、「長かった」という錆の言葉には本当に重みがある(;ω;`)此の感情に行き着くまでに色んな葛藤と苦しさと寂しさが有って、其れを独りきりで何度も何度も乗り越えてきたのかと思うと錆がもう切な過ぎて…。解放された錆の晴れやかな表情が見える様なお声と、ラストの菫と錆のシーンは胸にぐっと来ます。蒼比古は、最初は賑やかしの様な何かやらかしてしまう系少年のイメージだったのですが、最終的には将来菫より背が高くなって、あの頼りなかった蒼比古がこんなに立派な青年になるなんて…!菫~またその話かよ~!俺はもう16だぜ!くらいの妄想に発展するくらい可能性を感じるラストでした。散りばめられたキーワードを丁寧に回収し、真っ直ぐ芯を貫いた物語で、聴く人の記憶に残る作品だなぁと感じました。忘れないよぉぉおお錆ぃぃいいいい。゚(゚´Д`゚)゚。主題歌のレミニセンスも、物語の余韻を包む優しい歌声と音楽で隙が無い締めくくり…!ジャケットイラストも拝聴後に改めてまじまじ拝見し、錆の書斎だったんだぁああ!あああ天球儀!あああこの色取り取りの屋根は!メイヤ!あっあっムーンディスク!細身の身体にぴったり沿う上質な素材ィィイ!と見どころ満載で楽しめました有難う御座います…!



【月の見た夢/碧空プラネタリウム】

【緋色回旋曲(スカーレットロンド)/碧空プラネタリウム】

今回先行してweb公開された『月の見た夢』も、語彙力を無くす程素晴らしく好みでした…!緋色回旋曲(スカーレットロンド)の時もそうでしたが、本編頒布前にWEBで短編作品の公開があって、短編として聴いていた作品を本編を踏まえた上でもう一度聴くと…、聴く前と聴いた後では一言一言の意味や重みが全く違う意味を持って、あのざわざわする様な何とも云えない感覚は一度しか味わえないので、本っ当に贅沢…!拝み倒したくなる程有難う御座います水蜜様…!

物凄く余談ですが、先日行った旅行で偶々実物のディスクオルゴールを聴く機会が有り、何という運命の廻り合わせか…!と感動に震えながらその音色に浸りました。馴染みのあるオルゴールよりも繊細で柔らかくて、何層にも重なった奥行の有る音色を聴きながら、錆と群青に想いを馳せました。
スポンサーサイト
【2017/11/23 14:16】 | M3-2017秋 感想 |
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。