プロフィール

黒崎

Author:黒崎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

  • 11 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 01
待宵の丘


【待宵の丘/Spiral Spirit】
※滅茶苦茶ネタバレします。御注意下さい。
此れから聴く予定の方は絶対に読まないで下さい…((('ω'黒)))
純粋にお話を味わって、先入観無しで楽しんで頂きたいのです。
ネタバレしまくってるので反転しました|ω')


兎に角ラストが秀逸!の一言に尽きます…。
物凄い衝撃で色んな感情をかっ攫って行く。
一度此のラストを聴いてから、もう一度最初から聴くともう…ラスト前からじわじわ鳥肌が立って凄い。
はぁ…こんな印象的なラスト…物凄く深い傷を付けられた様な気持ちになる。
痛みとかでは無くて、何と云うか、衝撃的。
ラストの流れからED曲の入りが圧巻過ぎて、暫くぼうっとしてしまう…。
Spiral Spiritさんの作品の中で、一番好きな作品になりました。 

砂糖の事とか入れ鎚とか、そう云う何気無いやり取りで特別感をアピールしてくる珠月ぐぬぅ…!シーツの事とかも何か前から知ってますけど感がぐぬぅ…!甥は和都なんだからな!!!!(何)珠月たんいやらしいよ!此のさらりシニカル!和都目線で聴いてると、珠月たんの言動が一々癇に障るんですけど(ごめんなさいごめんなさい…!)、でも珠月たんは純粋に虹河さんが好きで、尊敬してて憧れてて、だから何も知らない和都が伯父さんの甥っ子で、羨ましい気持ちと、嫉妬に似た一寸面白くない気持ちが有るのかも知れないしね…。虹河さんと話す時は凄く嬉しそうで可愛くって、本当は良い子なんだよ…。最終的には面倒見が良くて好きになっちゃったぜ珠月たん…。ラストの成長した珠月たんも素敵…。素敵な成長をしたね…!お話の中で何度か窓を開けるシーンが有りますが、そこが私は凄く好きなのです…。窓を開けると虫の声が大きくなって、閉めると遠くなるの…!凄い部屋感!臨場感が有って、登場人物や背景が息づいて居て、凄く好きです。

慧の存在感やキャラクターは物凄く魅力的。
恵瑠々さんのお芝居が素晴らしくて、一言一言に翻弄されてしまう感じ。
台詞は子供らしいんだけど、無邪気さ故の底知れぬ怖さが有って、狂気めいた所が有って、ぞくっとする。虹河の少年時代と同じシーンを繰り返してるのも…。
和都が疎外感を感じた儘、慧と夢みたいな不思議な出逢い方をして、何処か危うい浮世離れした感が有って、あんな事云われたら夢中になってしまうよ…麻薬みたい。珠月の意地悪を指摘する所もね、味方になってくれるんだぁって所が…私が和都なら凄く嬉しくなっちゃうなあ、こんな事されたら。蛍見てる時のBGMが個人的には凄く好きです。何処か不安にさせる音の運びで、いけない事をしてる様な気持ちにさせる。

トパーズの蝶のエピソードがまた凄い…。こんなに美しい話を産み出せる恵瑠々さん尊い…。凄く凄く好きです。しかも此のエピソードがメインじゃなくて、物語の中のエピソードと云う扱いなのがまた贅沢で凄い。こ、こんな凄い美しい題材を…!おお、おおお…!此れで一本作品が出来上がるよ…凄い…。役者の皆様はキャラクターにぴったりで、とても良かったです…!緋乃玲さんは聴けば聴く程好きになる、素敵な役者さんだなぁ…。慧と初めて出逢った時の、戸惑って言葉に詰まる所が凄く自然で好きです。ヨッシ~バランさんの低音の存在感は本当に何者にも代えられない安心感が有りますよね。年齢差も明確に表現出来るし、物語に より深みとリアルさを添えて下さる。ミツキさんの無邪気なお声も印象的で、少年になった瞬間のあの素直な心からの一言に震えました。心揺さぶられまくり鳥肌ボイスドラマと云う新境地。

物凄く現実的な眼で見たら、子供二人だけあんな所に残して行ってしまうのは無責任なのかも知れないけど、でもきっと其れは主人公の和都の目線だからそう感じる訳で、此れが最初から虹河目線だったら全く違うお話になってると思う。聴き手の感じ方も。私も最初に聴いた時は、ちょ!伯父さん酷いよぉおお!其れは無いよぉおおお!って思ったんですけど、でも虹河目線で考えると物凄く幸せなお話に感じて…。伯父さんのとった行動が正しいとか正しくないとか、そう云う事じゃなくて、自分の気持ちに正直になっただけなんだなぁって。ずっとずっと少年の頃の思い出を大事にして想い合って居た二人が望んで、長い長い時間を経てやっと再会出来たのだから、きっと幸せな結末なんだと。そこからのあのラストなの…!凄いよあれは狡いよ…待宵草の意味を色々と深読みしてしまって、如何取るのか聴き手に委ねられて居て…。星降る丘の歌詞がまた素晴らしい…あー…凄い作品だなぁ…。
スポンサーサイト
【2014/12/10 23:36】 | 感想 |
BlackSheep


【BlackSheep/S-Scape】
※以下、ネタバレを含みますので文字色を反転します。

※面白かったー!(*´▽`*)
人狼が誰だか解らないので、気になって気になって最後まで時間を感じさせず、さくっと聴ける作品でした。
皆一癖有るので、性格良い人程かえって疑ってしまったり、怪しそうな人は寧ろ怪しくないのか?とか、兎に角誰が何してても怪しくてww此の人嘘付いてるのかなーとか色々考えながら聴けるのって楽しいですね。人狼が解った上で最初から聞き直すのもまたをかし。購入者特典の諸々も…聞き直すと「あーだから此の台詞!」みたいなのが解って、違う角度からも楽しめますね。

狙ってるのか如何なのか解り兼ねますが、主人公(で良いのかな?)の朔君が兎に角何を考えてるのか解らなくて、滅茶苦茶怖い\(^0^)/否、違うな。自己顕示欲は物凄く感じましたね。『たったひとり』になりたい、と云うか「皆に存在を認められた、『たったひとり』」になりたい。普段が物凄く自然に「普通」な感じなので、表面には余り出て来ない内に秘めた狂気が凄く怖い。私はもう彼の事を最初からずっと疑ってしまいましたww作家の朝井リョウさんが 「日本人は共感好きだから、共感出来ないと読むのを止めてしまう人が居る。 主人公に共感できない作品を読まないのは勿体無いと思う」と云う様な事をTVで仰って居たのを思い出しました。朔君は極端過ぎるけれど、でも全く共感出来ない訳でも無くて、時々発する言葉が的を得ていて…初心者なのに冷静で鋭い指摘をするあたりは物凄く主人公然としていて…誰しもこう云う部分を持っているのかも、と云う見たくない様な部分も有って…そう考えると矢張り此の主人公像は凄いわ…。
登場人物が10人も居るけど皆しっかりキャラ立ちしてて、確り『自分の意見』が有って、誰かの発言に対する皆の意見がまたリアルで…其々のキャラクターが誰かを分析するのも筋が通ってて、キャラクターも脚本も作り込みが凄いなぁと思いました。猫宮さんがカミングアウトした辺りの皆の反応とか「成る程ー!確かにー!」と思ったし、陽君は登場時から底抜けの明るさを維持してて、云ってしまえばうざい程明るいんですけど(ごめんなさいごめんなさい…!)、その明るさにかえってスポットが当たって疑われるって流れも「うわあ確かに云われてみればそうかも…!」ってなるし、展開が読めなくて面白い。私が翻弄されまくりでした\(^0^)/完全に椿ちゃんの味方だったんですが、その後の展開で、やっぱ無し!やっぱ無し!wってなるし、私此のゲーム絶対参加出来ない\(^0^)/『石ころ』って表現が凄く好きでした。云ってる事は怖いんだけど、例えが等身大の中学生っぽくて。

GMがねー物凄く腹立つんですよww(褒めてます)うう、ごめんなさい美藤さん好きなのに物凄く腹立つ此の喋り方ごめんなさい腹立つ…!と云う葛藤に揺れて揺れて今心が何も信じられないまま(略)。でも冒頭で猫宮さんと烏丸さんが同意見だったので、「そうだよね!!そうだよね腹立つよね!!」ってなりましたが、「あーー!其れが狙いなのか!腹立つのが正解なのか!」と気付いた瞬間のシテヤラレタ感\(^0^)/踊らされた…!腹立つけど段々癖になってくるんですよね。「また明日!」が印象的で凄く好きでした。こんな聴き慣れた「また明日」なんてフレーズでこんなにも人の心を掻き乱す事が出来るのか…!美藤さんの底力プライスレス…!此の絶妙な胡散臭さと無慈悲と無邪気の匙加減が素晴らしいです。でも最後にGMが出て来た時嬉しくなってしまった、何でしょう此の気持ち。此れが恋か。良きなか良きかなー!GMのテーマ曲と云うか、此の曲が流れると一日の始まりで、凄く自然に場面転換するのでBGMの使い方が効果的で巧妙だなぁと思いました。一日の区切りが解り易いし。勉強になります…!聴いてる時から効果音が凄く少ないなぁと思ってたんですが、此れは購入者特典でもごもごもご。そう云う事だったんですね!

蛇ノ目さん好きだよぉぉおお!蛇ノ目さぁぁあああん!此の優しい口調堪らなく好!き!ごろごろごろごろごろ!蛇ノ目さんのキャラクターが堪らなく好みど真ん中過ぎました有難う御座居ます。サンプルボイスでも聴ける「楽しく出来れば良いな…」が!ハァハァヤバイ凄く好きです有難う御座います!此方こそ宜しくお願いします!(←)全体的に此のやわらか微笑を貫いているのが素晴らしい…!はぁぁ蛇ノ目さん…!「おかしいんだ。」も凄く好き…!ごろごろごろごろ!私も駒呼ばわりされたいハァハァ。烏丸さんと猪名川さんの美女と野獣感も凄く良かったなぁ(*'v'*) 猪名川さんは、喋っただけで『体育教師』って解る、がっちりした体格なんだろうなーって想像させる様な豪快な喋り方で、絵が浮かぶ様なキャラクター作りが素晴らしいです。だから名前が豪さんなのかなぁ(←)。感情を露にする所もキャラクターはぶれなくて、此の一枚で豪さんの喜怒哀楽が堪能出来る大変お得なCDですね…!ぱぐさんは普段少年声を聴き慣れて居たのですが、実さんの落ち着いた女性役が凄く嵌ってて、大人の余裕や包容力を感じさせるお芝居が素敵だなぁと思いました…!「今更ぶれないで。」が恰好良いの…!二人きりの時の柔らかい話し方もとっても素敵!猫宮さんと小鷹さん、朔君と馬渕君も其々の背景が巧く物語に絡んでいて、練り込まれた脚本が凄いなぁ…こう云うお話掛ける方って凄いなぁ。どんな台詞の一言にも無駄が無くて、でもきちんとキャラの個性が出てて、凄い。周さんも聴いてる内に段々好きになってくる。正に頼りになるなー!明らかに『いい人』を感じさせる蛇ノ目さんと、一見誤解を招く周さんの対比バランスが良いのですよ。終盤で其の関係性がまた生きてきて。人狼ゲームもぼんやりとしか知らなかったんですが、ルールもドラマの中で解り易く説明されてるので、一寸今はドヤァな気持ちですドヤァ。此れ皆の役職変えて別のお話も聴いてみたいなぁ。どんな風に展開するのか、聴いてみたい(*˘▿˘✽)クマ子さんの「わかんないわかんないわかんない…」が凄く可愛くて好きでした。

「あれってそう云う事なのかな?」とか、まだまだ読み取れない箇所が有るので、また何度か聴いてみたい作品です。
【2014/12/06 11:30】 | 感想 |
ホーム