プロフィール

黒崎

Author:黒崎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ノクチルカの柩


【ノクチルカの柩/碧空プラネタリウム】

横井ヨシサトさんの可憐で儚げなジャケットが印象的で目を惹かれます。音枝さん演じる伊吹の透明感や瑞々しい純粋さ、本編の切なさや少しの仄暗さもジャケットから感じる印象通りの作品でした。今回の装丁も凄く凝っていて素敵でした…!毎回細やかな気配りにはっとさせられます(´▿`*)そして月燈舎さんの主題歌が素晴らしかったです…!美しく切ない旋律で、情景に陶酔出来る様な楽曲でした。

※以下、本編のネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

天合さんが本当胡散臭い役をやらせたら右に出るものは居ないくらい今回も素晴らしく胡散臭くて胡散臭かったですね…!「傷付くなぁ~」の軽さが特に好きでしたw息吹の夢やビアブランカの一幕、何処か妙な空気を孕んだエトログ、様々な点と点が散らばり並行して進む中で、リスナーも息吹と共に不思議な波に翻弄される感があって、此れはもしや…と色んな想像を膨らませながら拝聴致しました。碧空さんの作品はいつも、小説を読んでいる様な文学的で語り掛ける様な情景描写が魅力ですが、今回は特にBGMと相俟って、要所要所の不穏な空気感や夜光虫のシーンの演出がとっても素敵でした。(『星綴り』の銀星の語りも凄く好きです…!)ビアブランカの大人の時間は(←)二人の関係性を海に例えたやり取りが何ともアッー!!となるもだもだ感が有って好きです。矢張り母は強し…。ぴしゃっと断ち切って前を向く茉莉花さんの強さが格好良いです。

生まれて来なかった凪が子供の姿をしているのは、慎がきっと生まれた時から凪の存在を感じていて、一緒に成長して来て、凪の外見の歳になった時に自分を、凪を、辛い過去を閉じ込めて蓋をしてしまったから、その時から時が止まってしまったのかなぁと思いました。産まれた事にすら後ろめたさを感じて居た慎は、きっと凪が居たら、同じ境遇のお兄さんが居てくれたら、唯一解り合える存在として心の支えになっただろうし、そういう憧れを自分で体現したのが伊吹に見せていた慎なのかなと思うと、伊吹は「慎がなりたい自分」で居させてくれる特別な存在だったのかなと思います。欲を云えば、槙がどんな境遇でどんな気持ちを抱えながら生きて来たのかと云うエピソードが有ると、もっと慎の気持ちに寄り添えたかなぁと思いました(´v`*)凪の言葉はきっと槙自身の言葉でも有って、ずっとずっと誰かにそう云って欲しかったんじゃないかな。其れを、他の誰でもない、自分の半身である凪に云って貰う事で、慎はやっと前に進めるのだと思います。伊吹も慎も逃げずに自分の弱さと向き有って、其々が皆過去を断ち切って前を見据える静かな決意が見えるラストがとても良かったです(´v`*)



【星綴り】
スポンサーサイト
【2017/07/02 14:03】 | M3-2016秋 感想 |
April Scherzo


【April Scherzo/Vitraloqui】

二枚組の長編ですが、アルスとジーグの出逢いから二人の気持ちの変化が丁寧に描かれて居るので、長さを感じさせずに聴けた気がします(*ˊᵕˋ*)映画好きの神崎さんの作品なだけあって、演出やBGMの一つ一つにも凄くこだわりを感じられて、本当に映画を一本観た様な、想いがぎゅっと詰まった作品でした。鈴葉ユミさんのピアノ楽曲が主題って凄い…!Σ(OvO)春っぽい明るさと華やかさとストーリー性の有る曲で、お話のイメージにぴったりでした…!藍沢雨さんのイラストも細部まで美しくて、衣装も凄く素敵ですし、カフェの雰囲気が伝わって来るようなジャケット絵の暖かい色遣い大好きです…!ピアノも背景も描けるなんて凄い…( ;∀;)予告ムービーもおしゃれで素敵なのでおすすめです…!

お話としては王道なラブストーリーなのですが、兎に角ピュア。ピュアッピュアです。何となくハードボイルドな処女作になるのかと勝手に思っていたのですが、物凄くピュアラブストーリーで吃驚しました。BGMが兎に角お洒落でお洒落で終いには段々腹が立っ…お洒落でしたぁ(´v` )ピアノレッスンを通じて徐々に二人のキャラクターが見えて来ますが、実際に神崎さんが弾いたピアノが劇中に使用されている所も大きな聞き所のひとつです。ピアノの基礎やレッスンも解り易く自然に会話に組み込まれて居て、椅子の座り方から始まり、地味な練習、曲へとレッスンが進んで行く過程も楽しくて、実際のピアノの音が有ると説得力と臨場感が増して凄く良いなぁと思いました。音を外したアルスが「あっ」て零すリアルさや、落馬のシーンも凄く好きですww持てる特技が活かされている作品作り、憧れます。

April scherzoは表向き王道ラブストーリーですが、根底に有るのは皆がジーグ好き好き応援協奏曲(←)なので、ラルもレイムもアイネさんも皆でジーグが明るい未来に向かって行く様に背中を押していて、ジーグ自身も前に進まなければいけない事は解っては居たけど踏み出せなくて、其れでも自分の気持ちに正直になるのを赦す事、皆の想いに応える事、其れがジーグが本当に進みたい未来なのだと…思…思…(下唇を噛みながら)。個人的な見解を挟めば、アルスが如何と云う事では全く無く…純粋の名の下にグイグイ攻めるヒロインが私は実は余り得意ではないので(←)、ジーグには最後までアイネさんへの想いを一途に貫いて欲しかったし、あの小娘…アルスには矢っ張りアイネさんには敵わないやと云う事をですね…一度心底味わって頂いてだな…(怨念が重い)。レイムちゃん…大人になってからの5年なんてあっと云う間なのよ…5年なんて超短いの(重い見解)。冒頭の車のさり気ない演出も…ジーグが過去に囚われまくってる感有り有りで…好きだよぉ…ԅ(΄怨◞౪◟念‵ԅ)ハッピーエンドがね…好きですけどね…

ジーグにとって、アイネさんもラルも支え合える恋人であり友達であり、手を差し伸べてくれる対等な存在だったけれど、対するアルスはそそっかしくて危なっかしくて、手を引いてあげなければいけない存在、なのに手を引けば強く引っ張り返される様な、純粋ゆえにずかずか領域に踏み込んでくる強引さも有って、あっと言う間に萎んでしまう脆さも有る。だから放って置けなくて気になってしまう。アイネさんと全く正反対のタイプだからこそ、自分でも気付かない内に惹かれて、レイムにも出来なかった『ジーグがずっと留まっていた場所から引っ張り出す事』に成功した、それがアルスでなくてはならなかった理由なのかな、と思いました。思う事にしました(怨念)。ただ其れが恋愛に発展するにはもう少しもう少し時間を掛けて欲しい所では有ると云いますか…、ラストの気持ちの寄せ方がやや急展開な気がする感が否めないので、アルスはまだまだお子様ですし、アイネさんとジーグの過ごした日々や愛情の深さ、喪失感を鑑みて、二人には未だ先生と生徒でいて欲しかったかなぁと思って。急がずにゆっくり関係を深めて行って欲しいです。まぁ…ジーグはきっとピアノ馬鹿なので、恋愛における女性との距離の詰め方が解らないんだろうなと云う目で見ると、其れは其れで『らしい』かなと云う気もしますwwラストがね…お前は突然何を云い出すんだと思いましてww

其れをさて置いてもこむぎさんのアルスは可愛かったですね…!表情がくるくる変わるのが手に取るように解るお芝居で、笑い声がとっても可愛い…!ふとした時の何の裏も無い様な返事の仕方が本当に自然で、正に天真爛漫なヒロインでした。今回は橘こむぎさん始め、個人的にはどちらかと云えば少年声のイメージが有るIN9さんやミツキさんが同級生の女学生と云う配役も面白かったですね( *´艸`)3人ともタイプの違う女の子で、掛け合いが可愛かったです。IN9さんがとっても楽しそうで伸び伸び演技されてるのが、聴いていて私も楽しかったです!(*ˊᵕˋ*)ミツキさんのクールなルカも、キャサリンの世話焼きな感じも凄く「あ、洋画っぽい」って雰囲気が有って好きでした。
天合さんのジーグ本当に素晴らしくて、脚本頂いた時より生身のジーグの声に触れた時に、凄くジーグが好きになりました。可愛い、何せ可愛い。またジーグの気持ちの揺れ動きも声から感じとる事が出来て、お話が進むにつれて柔らかくなる声の表情や、泣きのお芝居がとっても良かったです(;ᵕ;)ラルのアンフィニさんはいつもとんでもない変化球を投げてくるので、予想だにしないところで思わず笑ってしまうんですがww今回は「ついしーん☆」と「順応能力っていうのかな〜、高いね〜」が凄く好きでした。あと声を詰まらせる泣きのシーンが素晴らしくて…貰い泣きしそうになりました(;ᵕ;)さり気にドアを開けてくれる紳士感堪らない好き。ひげさんは安定のひげさんと云いますか…ハイテンションなキャラクターのイメージが強かったんですが、今年スタジオでお逢する機会も多く、いつも違う表情を見せて下さるので物凄くオールマイティな方なんだなと思いました。キレッキレのメアも神父さんも素敵でした!レイムさんはもう有難うしかない有難う栄人さん有難う…今回は珍しく荒々しいシーンもあって栄人さんのお声をビリビリ感じる事が出来てただただ有難う御座居ます…!落ち着いた役も素敵ですが、レイムみたいなツンデレもすごく…いいですね…。私もクソヤローって云われたい(違)。可也長台詞の怒声だったので、セリフの立て方や抑揚を「成る程ォ…!」と思いながら噛み締めました。かっこよかったよぉぉおおレイムゥゥゥウ!台詞が自然に聴けるのは、自然に聴かせる高度な技術が駆使されているからなんだなぁと…ひしひし感じました。
脇を固める笑兵衛ママも確かなお芝居有難うすぱしーば…!贅沢な配役ながら貴重な親子共演が出来て嬉しかったですママ…!ちよっ子さんのお声も聴けて嬉しかったなぁ(*´▽`*)ちょいちょい顔を出す神崎さんも、ウォーリーを探せ感が有ってww「続編へ続くー」の絶妙な投げやり感が一番好きでした。
【2016/12/18 12:07】 | M3-2016秋 感想 |
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。