プロフィール

黒崎

Author:黒崎
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
闇夜のカンタータ ~少年シンフォニア~
【闇夜のカンタータ ~少年シンフォニア~/Crystal+】


掛け合い企画として公開された 「闇夜のカンタータ」の九条君にスポットを当てた今作。
ドクターが可愛くて格好良くて好きだったので、今回またお逢い出来て嬉しかったです!ヽ(*´∀`*)ノ
テンポの良い掛け合いでさらっと前回までのあらすじ的に掛け合い内容をなぞり、今宮さんの見事な滑舌を見せ付けられぐいぐい引き込まれる導入。沙恵さんのスコーン!と通る声凄いわ…シャキッとしてて怒鳴り声気持ち良い。今作だけでもすっと入れますが、掛け合いを聴くとより一層楽しめると思います!(´▿`*)

↓掛け合い版は此方から。
ゲスが大好物の私は、浅沼諒空さん演じるケレブが兎に角好きで好きで…(;∀;)ゲスな話し方も嗤い方もどストライクでした…!好き…!



※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

「神様よりも優しいのは誰なのか、僕は知っている」って台詞凄く好きだなぁ…!
理想的なリアル少年声の橘こむぎさんのてきぱき少年を堪能出来ます(*´▽`*)九条君可愛い…!
終始重厚感の有るクラシックで統一されていて、ヤマトさん演じるドクターの大人の余裕たっぷりな声色と相俟って凄く恰好良い…!雰囲気的にも好みな作品でした。低いテンションで空腹を冷静に訴えるドクターとクラシックの融合がシュール過ぎて、個人的にここ凄く面白かったですwwつまりぐぅなのww九条君とセイラの畳み掛けるお互いの教育シーンも凄く好きでしたw今やてきぱきレバニラを炒める九条君も昔は料理が苦手だったなんて…可愛いなぁ…こう云うの凄く好き。セイラはこんなに野性的な子だったのかww沙恵さんの突き抜けた元気なお声が真っ直ぐ過ぎて「おこのみにー作れなー」が可愛過ぎましたww二人共可愛くてもっと聴いて居たい(´▿`*)

先生…あっ、ドクターの「いい子ね」と「好きよ」が凄く好きなのですが、九条さんに対する「好きだったわ…」の重みが(;ω;)余韻を残すノクターンが堪らないですね…。自分で総ての幕引きをしなくてはいけないのは辛い(;ω;)九条さんの名前にはそんな意味が込められて居たのかぁ…。文弥九条さんの息絶える瞬間が美しかった…。セイラさんや飛鳥井さんが来た時のお話も気になってしまう…!飛鳥井さんは昔からきっとタラシに違いない。好き。何気に加納さんがすっかり馴染んで凄いしっかりして来てるのが可愛かったです。今宮さんはお堅いキャラも凄く似合うけど、振り回され系も良いですね~✲*(´v`*)安心して聴ける。
スポンサーサイト
【2015/11/14 12:10】 | M3-2015秋 感想 |
桜香綴り
【桜香綴り/Crystal+】


面白かったです!(*´▽`*)主人公成長ものと云うか、王道な作りで安心して楽しめて、きっちり見せ場も有って格好良かった…!ヤマトさんらしさを端々に感じて、何だか良いなぁと思ってしまいました(´v`*)ヤマトさんの描くキャラクターは皆どこかに可愛い部分が有って、シリアスとコメディのバランスが良いのですよね。そしてジャケットが美し過ぎる…!艶っぽい表情と、吹雪さんと嵐君に護られた構図が凄く好きです…!

※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

最初は春真に本当に本当に腹が立って、私の吹雪さんをぺちっとやった所でもう完全にお前嫌いだよー!バーカバーカ!( 'д')、「俺にとってただの手下の一人」?「手下の一人」…?お前もう絶対に許さないぞバーカ!☝(`ط´≠)「腹減った…さっさと帰ろうぜ」だと…?元はと云えば貴様が勝手に家を出たから…貴様は飯抜きだ!!外で反省してろ!!ってなったんですけど(ごめんなさいごめんなさい)、お話進むに連れて…嗚呼そうなのか、此の子はよく解らない物を押し付けられて、祭り上げられて、誰も「自分自身」を見てくれていないと思ってしまったのか…だから一寸捻くれてしまったのか…で、でも同情なんてしてやらないんだからね…!私は吹雪さんを殴ったお前を絶対許さない…!(恨みは深い)と思いながら聴いていました…。ごめんなさい…。ただ春真君本当は優しい所有るし、背負ってるものが大き過ぎるし、終盤に掛けて凄く主人公然として来たと云うか、自覚が芽生えて頼もしい成長振りが窺えて…凄く良かったですね。意識の変化からゆすらにも変化が(;ω;)いつの間にか凄い応援してしまっている。最初に印象悪かった子って一度好きになるともう凄く好き。しかも何か吹雪さんは春真に惚れてるのかしら許さない(結局許さない)。更科さんは個人的に声が高いイメージだったのですが、春真君トーンも落ち着いていて凄く素敵でした…!

吹雪さん吹雪さんハァハァ…!笑兵衛のお姉さん声が大好物な私としてはもう大変美味しく頂きました有難う御座います…!私も「この阿呆!」って叱られたいよぉぉおお!ごろごろごろ!凛々しくて恰好良くって、でも物凄くシャイで其のギャップが可愛過ぎました何なの此の子天使なの…!赤面してテンパる系は やり過ぎると鬱陶しくなりがちですが、そこは安定の笑兵衛様…!可愛い以外の何者でも無かった…!有難う御座います!「私が居る…!」(;ω;)うぉぉおおん吹雪ィ…!嵐君も滅茶苦茶可愛かった有難う御座います!シスコン最高ですね!春真を殴ってくれて本当に有難う嵐…!不服声の「怒られたー」と「これヤバイな…あっ、春真様がヤバイ!」が個人的に凄く好きでしたww可愛いww「しゃんとしろ!ゆすら!」からの登場シーンが…!Crystal+さんはこう云う…水戸黄門じゃないけど、テンション上がる見せ場の作り方が巧いですよね…!聴いてて気持ち良いし、凄く憧れるけど難しいんですよね…此処までの流れを作るのと、此の見せ場をきっちり「見せ場」として活かすのが。

土佐弁最高ですね…!!!最高ですね!!!!!何コレ有難う御座います…(;∀;)
藤宮さんも琥遥さんも凄く自然で素晴らしかったです…!環さんが方言監修なさってるんですね…沈丁花も艶っぽくて妖しくてお美しかった…(;∀;)朝佳さんの「何っちゃあ出来んがやきー」と、尚行さんが標準語から土佐弁に戻る所がすっごく好きでした…何やぁアレ不意打ち過ぎるゥゥウ!恰好良いよぉぉお!最初は敵の立ち位置なので、此の土佐弁がまた読めない感じで一寸怖い雰囲気が有って良い味を出しているなぁと思いました。お父さんは井之上さんの厳格な御声に説得力が有って、場の空気がピリッと引き締まる感じと、春真のやや頼りない所との対比が良かったです!(´v`*)

余談ですが、Crystal+さんの手をぎゅっとする効果音凄く良いですよね…。何処のなのかなぁといつも気になって居ます。

「桜狩」と、嵐君の能力や、諸々まだまだ気になる所が有って…何を云い直したの…何を…!絶対何か隠してる…!
朝佳さんの事を若造って呼んだりとか…年季とか…もしかしたら代々ゆすらを護って来た…否、単に脈の事か…
一寸含みを持たせた終わり方が…如何なのかしらヤマトさん、また何か来年に向けて考えていらっしゃるのかなあって…否、プレッシャーを掛けるのは止めよう…。今度は何処の国の桜脈がやって来るんでしょうね゚*(´▿`*)

劇中で「桜の匂い」について語られて居たのですが、確かに桜は毎年見ているし凄く好きなのに、匂いは知らないかも…と思って、春真にとってのゆすらの脈もそう云うものなのかなぁと思いました。見えなくても感じなくてもそこに在るもの。見ようとしていないから感じないのかも知れないですね。来年は桜の匂いを感じに花見に行こう。
【2015/11/13 19:22】 | M3-2015秋 感想 |
解けた願いごと
【解けた願いごと/MusicBall】


ジャケットの印象通りの爽やかでほんわかした作品。好きな御声ばかりで大変耳が幸せでした(*ˊᵕˋ*)
緩やかに、其れと気付かないくらい自然な形で伏線が張られ、朝陽さんの性格や不運体質をリスナーに伝える役割も果たしつつ、しっかり計算されて作られている全体の構成が素晴らしかったです。非常に演出が巧みで、素晴らしく完成度の高いボイスドラマだなぁと思いました。糸の世界がどんな色なのか想像を膨らませつつ、此の設定でまた他のお話も聴いてみたいです。シーと春がやんややんやしているのが可愛かったので、関係の変化も見守りたいwwラストはBGMの挿入タイミングも、最後の一言も凄く効いていて気持ちの良い終わり方でした!(´v`*)

※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

滄君は安定の滄君…!縁君は個人的に余り聴いた事が無いタイプのキャラクターで新鮮でした!(*ˊᵕˋ*)ゆるくて一寸口が悪くて、ふとしたツッコミも可愛かったですw「すげーネガティヴですね」が特に好きでしたww高校生に間違われる縁に、滄君の柔らかなお声が凄く嵌ってますね…!「縁の糸」の話はさらっと語られているけど、とても深い台詞ですね。浅見さんは本当に透き通った綺麗な御声で…実は以前から凄く好きです。地声なのかなぁ…マイナスイオンが出ていらっしゃる…!こんな声の方が身近に居たら生活も肌も潤いそうです(*´▽`*)菅沼さんの絶妙な声のトーンも個人的に物凄く好きで、高過ぎず低過ぎず、凄く貴重な音域をお持ちですね…!笑い方美しい…!シーン全体のテンションの繋げ方が自然で、さらっと聴かせてしまう所が凄いなと思いました。他の役も聴いてみたくなりました。なぁぁあ春可愛過ぎか!(;∀;)なぁぁあ!何なの此の朝陽さんに対する乙女な態度は…!可愛過ぎかぁああ!誰からも拒絶され続けた疫病神の春が、朝陽さんと出逢って、最初は刺々しい口調なのに「話しててすげー面白いわ」の一言でふわっと空気が変わって、心が解けたのが伝わって、天合さん半端無え(;∀;)天合さんは役毎に印象がガラッと変わるから本当に凄いなぁ…。みんな幸せになって欲しいです( ;∀;)

【2015/11/11 23:01】 | M3-2015秋 感想 |
No way to know.
【No way to know. /まるみふぁくとりぃ】


最高でした…!ヽ(;∀;*)ノ
本編「HOTEL B×B」の創作BL(?)スピンオフの今作。所謂がっつりBLではなくて精神的なものですが、個人的には大好物で
した…!大人げない大人とか、面倒臭い大人とか、理屈っぽい大人とか大好き…!(*´▽`*)聴きながら、自分そう云うの大好き
なんだなぁって改めて気付きましたw美味しい方言も沢山聴けるので、方言好きにも非常にお勧めです!((´v`*))ぶるぶる!
本編のがっつりオネェな稲瀬君を聴いた後に聴くのも、時間軸で聴くのも面白そうですね…!スピンオフとは云えボリュームの有る長編で中身も濃厚ですし、キャラクターを濃く深く掘り下げて描いて居るので、本編の後に聴くと其々の新たな一面が見えたり、本編には出て来ない面々や、10年前のキャラクターの若かりし姿、「若いなぁ…!」と感じる部分を味わえたり、稲瀬君はこうして本当の自分になって行ったんだなぁと経緯を知る事が出来て、より感慨深いです。有り難や有り難や…!レーベルのデザインもシンプル且つお洒落で好きです(*´▽`*)上京したての東京ってこう云うイメージ。

※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

個人的にはDisc1「2000 Summer - Black×Blue」が物凄く好きでした…!此の時間軸の流れと、二人の噛み合わない会話
の面倒臭さが…好き…!ごろごろごろごろ!真面目で正直過ぎる海棠さんと、回りくどい云い方しか出来ない錦木さんのやり取りをするっと読み解いてしまう稲瀬君、何て良く出来た脚本なんだ…!大人って面倒臭いなぁー!って所が凄く好きだなぁ…!此のもだもだする感じが何だか私は凄く嵌ってしまいました(´v`*)本編よりも大分大人気ない海棠さん可愛いよぉ…っ!からの…トラック終わりが最初に繋がる此の仕様…おおお何と云う演出( ;∀;)好き…!ヨッシ~バランさんの「あー!ちょちょちょ…!やっぱり待て」が凄く好きでしたww錦木さん、せめて車の中で靴を脱がせて欲しいww
「2000 Spring - Bed×Breakfast」の「回鍋肉の油びたし」「ポテトサラダとひじき煮を更に和えたもの…と云うか混合物」ww一寸
食べてみたいww海棠さんのパン語り好き…!かの子さんのお説教も凄く筋が通っていて、本編もそうなのですが、「働く」「仕事」と云う事を凄く考えさせられるボイスドラマです。

「2000 Fall - Boy×Boy」あ…あ、あ…有難う御座います何コレ凄い破壊力神崎さんの京都弁恐るべし…ハァハァ…
アーッ!もう真顔で聴けない!此の京都弁で一人称僕で神崎さんの高音やめて…!危ないわ…!語尾に混ぜてくる稲瀬君に対するアプローチと色気何なんコレあかん…!Σ(((゚Д゚;)))「別れますよ」とか云ってたくせに最終的にはさらっと断る所とか恐ろしい…!此の一切の悪気の無い「外してもらえませんか」魔性過ぎて…!絶対惚れちゃいけないタイプだわ…!恐ろしい!エレベーターのすれ違いも良いなぁ。時間軸で振り返るとこうなって居たんですよと云う流れが見えるの楽しいですね(*´▽`*)海棠さんに泣き付く稲瀬君可愛過ぎて…可愛過ぎて…幸せになって…磐田さんは台詞の一つ一つが地雷でしたが、「おはよーさん」が特に…!!!…もっ…も…アーッ!!!此処からの流れ全部ヤバかった危険過ぎる…。未だ男らしかった稲瀬君の悪態堪らない有難う御座います…!稲瀬君は磐田さんに言い寄られて一瞬フラッとしても、海棠さん一途で居て欲しい。アルトさんの高笑いが俺得過ぎましたww

海棠さんが貴臣さんの事をそんなに想って居たなんて知らなかった(;ω;)多くを語らず回想で語る「2000 Winter - Bread×Butter」最高か…!台詞だけ聴いてると凄い柄悪いのにww何か凄く目頭が熱くなる此処の回想…。「2000 Summer - Black×Blue」であんな事云ってたくせに海棠さぁん…!!!貴臣さんの大き過ぎる存在感に、錦木さんの男泣きも堪らない…。其れにしても慶春さんと寿枝さんにこんな時代が有ったなんて…!今からは想像も付かないけど、色々有ったんだねえ此の10年の間に…。そして蒲染さん…本当に同一人物に聴こえないから凄いなぁ神崎様は…
「2002 Spring - Better×Best」の冒頭で子供時代とリンクさせて来る演出も凄いなぁ…。脚本も編集センスも御声も御芝居も素晴らしいなんてアルトさん多才過ぎます…(;∀;)余韻を残したラストもとても良かったです…!

余談ですが、「孤独のグルメ」吃驚したあ…!著作権フリーなのか…!あれっ?此の曲は…?!!と思ってしまいましたww


【HOTEL B×B/まるみふぁくとりぃ】
【2015/11/06 21:17】 | M3-2015秋 感想 |
HOTEL B×B
【HOTEL B×B vol.1~vol.2/まるみふぁくとりぃ】


念願のHOTEL B×B本編!(*´∀`)購入出来て嬉しいです!
冒頭から…ごめんなさい関係無い所でBGMで笑ってしまうwwアパートB×B(※1)のBGMって此処から来てるんですねww

内容はエスプレッソ…!と云う感じです。
物凄い凝縮された濃いィボイスドラマで、キャラも一人一人濃いィ。ホテルが舞台なだけあって、登場人物も多いのですが、キャラ
迷子にならない位皆キャラが濃いし、年齢層も可也バラけて居るので厚みが有りますね…!たっぷり聞き応えの有るボイスドラマでした。主人公、佐倉大和君が面接を受けた後、舞台となるホテルB×Bに入社する所からドラマがスタートするのですが、主人公視点を通しつつ場面場面でキャラ其々にフォーカスが当たり、全体的にコメディ色が強めな様でしっかり深いシリアス展開が根底に有り、丁寧な季節の流れと共にコメディ・シリアスをバランスよく織り交ぜドラマが進行して行くので、キャラへの愛着も湧きつつ其々の人間模様含め、ドラマの展開も気になる作りになって居ます。

※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

佐倉大和君はのみとさんだったのですね…!以前拝聴した一人掛け合いがとんでもないインパクトでしたので、全然気が付きま
せんでした…!気弱な様で爽やかで誠実そうで可愛くって、凄く素敵な主役声でした…!
前回『No Way to Know.』試聴した時に一聴き惚れしてしまった海棠さん役のトーマスGさんの魅力を余す事無く堪能出来て、
個人的に大満足でした!「ぎくっ」wwwww「ぎくっ」だけで凄い面白いwwwwwトーマスさん本当狡いと思うwwww
頭のてっぺんから爪先まで海棠さん!と云う感じで、演じてる感が無いと云うか…通常も焦ってる所も苦悩も総てが「海棠さん」で
素晴らしかったです。個人的には特に#4前【伊達に直人は見てねぇぜ!踊る大宴会場①】でビンタ制裁を受けている海棠さんのふにゃふにゃ具合と、営業マネージャーとして頑張る海棠さんの声の上擦り方がもう兎に角可愛くて可愛くて…( ;∀;)海棠さん有難う、アルトさん有難う御座居ます…!海棠さんが好き過ぎて辛い。もうトーマスGさんの御声好き過ぎて聴くだけでごろごろしてしまう。

効果音の付け方が独特でスピード感が有って飽きさせない編集ですね…!センスがキレッキレで凄く好きです。
履歴書の件が面白過ぎましたwwそして勉強になるwwにこにこ・ぺこぺこ・うんうん…!成る程…!フランク過ぎる採用通知w
要所要所の小ネタの盛り込み方が非常に巧みで、言葉遊びを交えた独特の台詞回しを円海アルトさんの軽快な口調で語られると、聴いていて本当に気持ち良い。セリフ間のブレスさえも美しいのです…!アルトさんのお声が大好きな訳ですが、アルトさん制作なのでモブやら何やらそこかしこで色んな御声を拝聴出来るのもファンとしては非常に贅沢です。キリッとした恰好良くて強いお姉様声と云う印象だったのですが、今回演じていらっしゃる織田マキさんも物凄くはまり役で、聴いただけでキャラクターのイラストが浮かぶ様なちゃきちゃきした口調と『所謂お局様』と云う含んだ話し方も楽しんで演じていらっしゃる感じが伝わって来て、にやにや聴いてしまいました。BGMも、(全体で聴くと違う曲なんですが)イントロでパロディを思わせる仕掛けになって居るのも面白いです。BGM先行なのか台詞先行なのか、非常に考え込まれた凝った作りになっているなぁと感じました。

#2前半 【チェリーヒロカズ絶体絶命!学生Xからの招待!?】稲瀬君ちょwwwwww稲瀬君、海棠さんに何したんだろうwwwwww
稲瀬君はこう云うキャラだったのか…!此処の絡み方物凄く好きですwwそしてアラビアン的なBGM、個人的には物凄い衝撃でした…!こんな使い方があるとは…なのに違和感が無いのが素晴らしい。勉強になる事ばかりです。
先に『No Way to Know.』の視聴版を拝聴して居たので、本編の稲瀬君のキャラクターが大分衝撃的だった訳ですが、物凄く好きですww天合さんのオネェ言葉自然過ぎて何の違和感も無いと云うか、本当…凄い自然ですね…!自然にオネェなのに恰好良い所は恰好良いのだから卑怯だ稲瀬君…何かもう本当天合さん有難う、アルトさん有難う御座居ます…!と云う感じですね(二度目)。個人的に「やぁだぁあ海棠さんはフロントじゃなきゃ…!」と「直人しょんぼりぃ」が大好きですw稲瀬君には海棠さんと幸せになって欲しいけど、琴音さんと稲瀬君の関係も凄く好きなんですよねww可愛い(*´∀`)桃野さんはこれぞ『マドンナ』と云う美しい御声で、桜宮さんのすっきりしているのに甘い御声も、浅見さんの透明感有るお声もどちらも本当に美しいです…!抱き締めたい!

vol.2が凄い気になる所で終わってますね…!海棠さぁぁああん!!稲瀬君んんんん!( ;∀;)
佐倉君、私も凄いしっかりして来たなあ…( ;∀;)と思って居たのに流石と云うか何と云うかwwアパート探してww
想像以上に良い意味で重い展開になって来て、此処からどんな結末に向かって行くのか、万両さんの動向も海棠さんの恋愛模様も続きが大変愉しみです…!一話一話の構成がしっかり区切りが有って、連続ドラマ感が良いですね。区切りが有ると聞き易いし、キャストコール入って居るのは個人的にはとても嬉しい作り。好きなのです、キャストコール(´v`*)本編とは打って変わって色気満載の猫柳さんがまた美味しい…


※1…【アパートB×B/神崎天合の都内某所の某アパートからお送りします。 】神崎智也×天合正太郎
【2015/11/06 21:12】 | M3-2015秋 感想 |
perfect world
【perfect world/蟻部。】


うわああああああああああああああ(´;ω;`)
凄く好きでした…凄く…私…好き…こう云うお話作りたい…(´;ω;`)久瀬さん尊い…
世界観もお話も編集もクラシックメインの選曲で非常に何から何まで私のツボでした有難う御座います尊い…
セナのモノローグの言葉選びも凄く好みで何ならもう好き過ぎて嫉妬とか出来るレベルじゃないくらい私大好きですやばいわ…落ち着いて…私…回想シーンの演出が凄く好きです。古い映画みたいなちりちりするエフェクト処理が、近未来の世界観と懐古趣味のタスクを表現している様でアッー!!!イラストも凄く好きなのに作品も凄く好きで如何したら良いの…如何したら良いの…

タスクの「完全に、完璧に」が最高に好きでした(´;ω;`)やっべえ久瀬さん恰好良い…。
いつも可愛らしい少女を演じているイメージだったので、凄く新鮮でどきどきしました。
そして何処にも触れない溜息のような、そっと寄り添うようなユキトさんのお声が心地良くて、台詞回しが素敵でした…!
登場人物の少人数さも無駄が無くて隙がなくて、全編通して聴くとCD作品にしては一寸短いのかも知れませんが、此の尺でperfect。perfect world…。凄く濃密で凝縮されて居て、小説を読んでいる様な充足感を味わえました。

アリアさんアリアさんアリアさん…
アリアさーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。好き…
今作の完全受…身体勢のセナ最高でした大好き(´;ω;`)控えめではにかんだ様な話し方…此れ云うといつも嫌がられるんですけど吐息アリアは健在だった…。(私の中では最高の褒め言葉なんです許して下さい) 笑い方も凄く可愛い。やんちゃ少年も果てしなく格好良いのに受身少年も果てしなく素敵って何なのアリアさん如何なってるの好き。胸が苦しい…。落ち着いて私。タスクと話している時のはにかんだ笑顔(が私には見えるのです)が最高に可愛いです有難う御座います…!一寸俯き加減で上目遣いなの!可愛い!(想像です)。先生と話してる時もモノローグも最高でしたアッー!!!凄く好きなのに此れ以上の語彙を持たない私の知識の乏しさが歯痒い!アメリカ大陸位好きだよ!!!否、宇宙だよ!!!!突き抜けて!銀河系!一寸黙るね!ごめんなさい落ち着いて私…。

※以下、多大なネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

世界観、設定が凄く好みど真ん中です。
表面上は「タスク」として接してるのに、セナの中で「浅香祐」は矢っ張り一人だけで。祐に対するセナの想いが切ない…。
確かに完璧な世界だけど、其れはとっても理想的な様で、機械的で。此の世界の循環を受け入れるのはとても辛いです。ヒトで有ればこそ、容易には受け入れられない。
「僕自身も、祐無しで何事もなく生きていられると云う事だ」の件凄く好きでした…!
普段あっけらかんとしている感じのタスクだからこそ、最後のシーンが物凄くゾクっとしますね。ココー!ココ逃げて!そいつタスクじゃない!(´;ω;`)ココの無機質感可愛かったですね…!幾らエフェクト掛けても無機質を演じるのって難しいんですよね…!可愛らしさも残して未来感を象徴して居ながら、最後の最後で物凄い重要な役割も担っている…隙が無い…perfect wor(もういい)。この短いトラックがまた個人的に凄くニクい…!アッー!!!!!ぞくぞくさせるだけさせて置いて此処でブッ千切る所が…効果音が刺さる様に響く…。うっ…好き…。もう呼吸をする様に好きだ好きだ大好きだと思いながら聴いてました…。冒頭が好みの作品って、途中でだれてしまったり、なかなか最後まで其の気持ちを維持出来なかったりするんですが、今作はもう隅から隅まで好きでした。正に完全に完璧…perfect world。祐と同じ顔で、体で、同じ声で、記憶を持っているのに中身は別人で。でもセナに対する執着心が有る。そこが物凄くこわくて、物凄く、好き!!!!!( ;∀;)パーフェクッ 

【2015/10/30 21:37】 | M3-2015秋 感想 |
さよならがいえずに
【さよならがいえずに/stray sheep】

な、何か凄い…ソラ視点とは云え、凄い女の子感溢れるモノローグで、コレ天合さん脚本ですよね…?と確認してしまいましたww女の子視点って個人的には凄く難しいので、冒頭から吃驚してしまった…。矢張り男性が描く女性像の方が、こうあって欲しいと云う理想含め、より女性らしいのかなと思いました。喜怒哀楽がパキッと表現されているヒロインの中のヒロイン!と云う印象です。此れはいじり倒したくなる可愛さ(´v`*)

自販機アルトさん最高でしたね…!イイ声の無駄遣い的な贅沢な配役大好きです…!「『下さい』、だろう?」アッ--!!!!有難う御座います!私も叱られたい!!!!言葉遣いには厳しいけれど、本当は優しい自販機さん最高ですね!段々世話焼きの姐御肌になっていく自販機さん。モブのアルトさんも非常に美味しく頂きました…!ww

アキラの『メイド』に対する異常なまでの拘りに天合さんの闇を垣間見た気がs(ry 
「違ぁっはう!」と「ほ、星が見える…」が凄く好きでしたww美藤さんの美声で微妙なゲス感を交え熱く語られると聞き入ってしまいます。色んな意味で有難う御座います御馳走様でした…!タケルは食以外には基本さらっとした対応で、メイドソラたんにも別段コメント無い所がタケルっぽくて良いですね。知らない間に女子に惚れられてそう。なのに食べ物の事しか考えてなさそう。テンション高い神崎様のお声が可愛くて、プールのシーンやモブも大変活き活きしてらっしゃって素敵でした!(*´∀`)個人的に神崎様のリアクション声が凄く好きなので、沢山聴けて大満足です!良く通るお声で掛け声もすっと通って気持ち良い。普通にモテそうなユウキは、ソラと一寸良い雰囲気も醸し出しつつ、意外と食にも五月蝿くて、最終的に栗とホワイトソースに壊れる所最高でしたww全員其々見せ場が有って素晴らしいですね。御料理シーンが特に好きでした!個人的には余り聴いた事がない、御料理ジャンルのボイスドラマは効果音だけで楽しくて遊び心満載で、お食事シーンにもキャスト様の本気を見た気がしますww此れを収録時は無音で演じていらっしゃるのを想像すると、現場の雰囲気の良さも伝わってくる様です!企画者様もキャスト様も皆で楽しんで作ってる感がリスナーにも伝染する感じ(*´▽`*)そう云う空間作り、私凄く苦手なので憧れます。天合天使様のディレクション能力を感じ取れる、キャスト様のテンション維持が素晴らしいです.。.:*・゚☆

※以下、多大なネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

ラスト迄の流れは文字通り「はちゃめちゃ」と云う言葉に集約される感じですが、Track08終盤の展開からは唐突では有るものの、アキラの「やり残したこと」と云う表現にしっくり合点が行って、確かに学生時代に「やり残したこと」って考えたら、きっとこんなはちゃめちゃで楽しいぶっ飛んだ日常なんだろうなと思いました。ソラに病院以外の世界の楽しさを伝えてあげる事、高校生活を身を持って体験させてあげる事も其の一部で、ソラたんが心配で二人にソラたんを託したんだよね(´;ω;`)二人の居る高校に行くんだよね…!行くんだよね…!「ユウキとタケルは俺のサイコーの友達」なんだって推す所も凄く男の子っぽくて好きです。ソラたんが云う様な「気持ち悪いくらい仲良い」男子の関係って良いですよね。いつも一緒に居て三人で馬鹿やってるのが当たり前みたいな。等身大の学生らしさを感じられました。コメディ要素はこれでもか!と満載ながら、アキラの独白やラストシーン、二人の関係性もくどく語り過ぎない所が個人的にはとても好印象でした。「それじゃあな」って格好良過ぎる…(´;ω;`)正にさよならが!いえずに!!!(´;ω;`)ぶわっ 
【2015/10/30 21:33】 | M3-2015秋 感想 |
三冬月録
【三冬月録/Spiral Spirit】


まだまだ俄かな私ですが、今迄聴いてきたSpiral Spiritさんの作品と少し毛色が違うと云うか、少年達がメインでは無いせいか、大人の物語だなぁと感じました。あと個人的に「夏」のイメージが強いです、Spiral Spiritさん。ジャケットのらくすいさんの描く世界観が作品のイメージ其の儘で、独特の手法を用いた透明感有る色使いや構図、白椿や冬の木々とのバランスが秀逸です。

CMの時から感じていたのですが、天合さん演じる間宮さんの話し方が…あれですよ、悪い意味ではなくて、悪い意味ではなくて!(二回云った)物凄くいやらしいと云うか、所謂『研究員』っぽいと云うか…志真さんの事を『研究対象』として見ている『研究員』の口調だな、と感じて其れが物凄く絶妙ないやらしさなんですよね。笑い方とか声の調子とか…天合さんは声色と云うよりも、キャラクターの持つ性格を踏まえた話し方や癖できっちり演じ分けされる技術が本当に素晴らしい…感服です。

※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

《座視の海》
一周目は何も不思議に思わずに聴いて居ましたが、二周すると師匠のスルー具合がこんなにも顕著だったなんて…!ひいいシテヤラレタ…!Σ(゚Д゚;)山茶花にだけ異常に冷たい人だと思っていたけどそうじゃないの、そうじゃないのよ…!見えてないんだよ…!ヒッ…!過去への導入も凄くシンプルなのに、切り替えが解り易くて編集技術素晴らしい…。

《背の君》
牡丹の愛情がBGMと相俟って…どきどきする(´▽`;)ソワァ…【三夏物語】(※1)の「一条君と僕」を思い出して一寸そわそわしてしまってごめんなさい牡丹…!うわぁぁあ違うよ輝星…!志真さんは何も悪くないんだよぉ…!(´;ω;`)迷わない様に迎えに来てくれただけなんだよぉっ…!僅かな声の震えや感情の運びを、リアルで自然体に聞かせてしまう栄人さんが凄い…。

《花に風》
ぱぐさん可愛過ぎか…如何なってるんだ…ばたばたばたばたっ。葛の絞り出すような息遣い愛しい(´;ω;`)
間宮さんが笑っているのに泣いている様にしか聞こえなくて、もう語り出し序盤から目頭が熱くなります。間宮さんの独白辛い(´;ω;`)間宮さぁぁああん天合さぁぁああん!終盤に掛けての疾走感の有るピアノBGMの挿入タイミングがゾクっとしますね…!う、生まれ変わりやったんやぁ…「星」の子達は…(´;ω;`)志真さん…志真さん…。

ラストの志真さんの台詞が…美しくて切なくて、う、うわぁぁぁああ…っ!(´;ω;`)
此れは一寸言葉に出来ない…凄い重みと余韻を残して終わる…此のゾクッとする感じから小鳥遊さんの美しい歌声を乗せたED曲「雪晴」が雪のように胸に染み込んでいく…私の大好きな【待宵の丘】(※2)を彷彿とさせて、物凄く心地良い敗北感と云うか…心の中でTAKERUさんを胴上げして居ます(´;ω;`)わっしょい…わっしょい…!嗚呼、凄い…此の刺さる感じ。軽率に言葉に出来ない。聴き終わった後の余韻が凄くて、何て言葉にしたら良いのか、言葉にしたら軽くなってしまう様な気がして…。独りきりだった志真さんがやっと出逢えた人なのに、やっと受け入れてくれたのに、何て切なくて寂しい縁…(´;ω;`)OP曲「心恋」も、とてもとても素敵でした。薄氷を思わせる様な繊細な声の響きが美しくて、緋乃さん、歌声も素晴らしいなんてわっしょい過ぎます…わっしょい…!(´;ω;`)志真さんの落ち着いた語り口も、人ならざるものを感じさせる美しさでした。

一番凄いなと思ったのは、全編通して冬の物語なのですが、知らず知らずの内に寒さを感じていた事ですね。体感していたと云う事ではなくて、冒頭のIN9さん演じる海星始め、役者さんの息遣いや環境音、BGMの雰囲気が一貫して作品の空気感を作り上げているのだと思います。冷たくて、何処か寂しくて、視覚要素が無いのに『寒さ』を忘れずに聴く事が出来ました。IN9さんの「あったかい…」抱き締めたい!!!志真さんインタビュー時(←)の「部屋」感も凄い。是非静かな所でじっくり拝聴して頂きたいです。



※1…【三夏物語】Spiral Spirit


※2…【待宵の丘】Spiral Spirit
【2015/10/30 21:29】 | M3-2015秋 感想 |
未来点灯夫
【未来点灯夫/碧空プラネタリウム】


サイトがとっても素敵なので是非一度足を運んで頂きたいです!カーソルを動かすと街灯が灯るようにぽわっと明るくなるのです(*´▽`*)とっても素敵です…!ジャケットイラストも作風にぴったりで、温かみのあるアナログな塗りが印象的で目を惹きます。毎回手の込んだ装丁も楽しみの一つですが、今回も凄く素敵でした…!作中の星屑の絨毯を思わせる金のラメにビーズ…!キーワードが散りばめられたイラストと併せて拝聴前に視覚的にも楽しめます。タイトルロゴにも点灯夫が居て細やかな気配りが…もう、好き!(´;ω;`)

個人的にBGMは気持ち音量大きめが好きなので、碧空さんの音量バランス好きです(*´▽`*)映画を観ているみたいで、スマートな誘導で場面に入っていける感じがします。今回は劇伴なのかなと思うくらい、どの曲もシーンにぴったりで吃驚しました。碧空さんの作品は本当に表現が美しくて毎回はっとさせられるのですが、今作もきらきらした言葉が沢山散りばめられていて、美しい音楽に乗せて緋乃さんの語りで聴けるなんて物凄く贅沢な時間でした。

※以下、ネタバレを含みます。未聴の方は御遠慮下さい※

語り出したらキリがないですが「夏空の向こう側から、静かに夜がカーテンを引くようにするすると下りてくるのが見えた」と云う表現が凄く凄く好きでした。「俺たちが夜を始めて、夜を終わらせるんだ」も凄く好き…!ヒワ君視点のモノローグには、表現も何処か子供らしさが有って、絵本を読んでいる様な優しさと柔らかさを感じます。合わせ鏡の夜と云う発想が素晴らしいですね…!何て美しいんだ…。汽車が来るシーンは鳥肌が立つくらい素敵でした…!凄くわくわくしました!モノローグも音楽もシーンを盛り上げて、目の前に深い瑠璃色の海に映る星空が見える様でした…!おじいさんは最後の停車場が暗い事を何故知っているのかな…おじいさんもまた誰かの未来なのかな、と想像が尽きません。

カササギさん、30後半なんてまだまだ若いのよ…!自分が大人になって身に染みて感じますが、大人って年を取っただけの子供ですからね…!(゚Д゚)迷って悩んで間違えて少しずつ大人になるしか無いんですよね。サイの「あんたと同じ温度であんたの事を考えてくれる人なんてこの世の何処にも居ない」と云う台詞は物凄くグサ--(゚Д゚)--ッ!と突き刺さりました。さかとさんの蔑み声が大好物過ぎて有難う御座います何度も美味しく頂きました有難う御座います。ユキトさん演じるアイサさんの安定したお声は抱擁感が有って、「深淵」の中盤ぐっと来ますね…!カササギさんも毎日必死にお父さんの顔をして、張り詰めた糸が切れてしまった様な人間味溢れる弱さがあって、でも自分を甘やかすのも自分に一番厳しいのも、結局自分自身なのですね。自分が置いて来た責務が自分を止めてくれるんだね…。ヒワはきっともうとっくに気付いていたけど、見ない振りをして居て、手紙を書く行為は精神安定剤みたいなもので、自分で決着を付ける事をやっと受け入れられたのかなと思うと…(´;ω;`)もう返事が来ない手紙を書かなくても良いんだ…本当はもう返事が来ない事解ってたんだ…でも自分で認めちゃったらもう本当にお母さんと繋がる物が何も無くなってしまうから…。゚(゚´Д`゚)゚。ウワァァン!!子供にとっての5年は長い。信じて待ち続けた5年間、本当は凄く凄く寂しかったんだろうなって思うと目頭が熱くなります(´;ω;`)うっ…。「この汽車を降りれば未来がある」。未来の光は自分で灯して行くんだね…だから未来…点灯…夫…!!!!゚(゚´Д`゚)゚。ウワァァアアミツキさん天才じゃなかろうか…!うわぁぁあああん!点灯夫、ヒワに受け継がれていく事も予感させるタイトル…胸いっぱい…(´;ω;`)何でしょうね…幸せなのに物凄く切ない…。聴き終わってからじわじわ涙腺に来る…。飴玉を見付ける件も凄く好きです。此の夢じゃない感…何処か不思議さを孕んだ空気、堪らなく大好物です。

物語を締め括る主題歌「Albireo」も、物語の続きの様なきらきらしたイントロが美しく、透明感の有る歌声に包まれる感覚が心地良いです。
【2015/10/30 21:25】 | M3-2015秋 感想 |
生まれる。Real Wonder Land


【生まれる。Real Wonder Land】Arcadia

tr01から作りが凄い…ぐるぐるぐるぐる。
笑い声の響き方も、シーンの転調も、現実なのか舞台上なのか、自分が誰なのか、自分の立ち位置が不安定に揺れて…ぐるぐるぐるぐる不安感を煽られる。現実と虚構が複雑に折り重なって入り乱れて凄い…。一寸もう何て云ったら良いか解らない、一筋縄ではいかない作品で私の語彙では説明出来ないわ。探ろうとすると急にカチンコ鳴らされて現実に引き戻される狐に摘まれた感とか、近付くと遠ざかる感じでなかなか踏み込めない。一つの台詞を軸にシーンが切り替わる演出も巧妙で凄い。皆様が映像向きと仰って居たのも凄く共感出来ますが、音声劇ならではの演出も巧みで素晴らしい。BGMの盛り上がりやSEの差し込み方も兎に角はっとさせられるものばかりでぞくぞくします。僕の物語の終わり方も秀逸。キャストも皆様余す所無く素晴らしい方ばかりで、僕役のこむぎさんは色んな表情が垣間見えて、生々しくて本当に素晴らしかったです。叫びや驚きや戸惑いや、ラストの最早何者でもない彼の繊細な表現が圧巻でした。個人的にはハルカ君を脅すシーンがイケメン過ぎて大好物です有難う御座いますハァハァ。

恵瑠々さんのアリカちゃんが少女過ぎて凄い…!少年回顧録→超鬼兵オーヴァイドと聴いてきたけど、全然別人で凄い…( 'д')スーパー恵瑠々さんタイムが凄い何此の俺得感…有難う御座いますとっても可愛いです。ラストのアリカちゃんの明るい台詞で目頭が熱くなる。魔女役の杉宮さんも先刻迄オーヴァイドでユメ君聴いてたんだけどおかしいなぁ…完璧に別人でお名前見て吃驚しました。凄いなぁ…。物凄く嵌り役で、飄々とした雰囲気や纏う空気感が素晴らしかったです。そしてTVの音声が凄くTVで凄い!芝居っぽさが全然無くて本当にTVなの!BGMの様に流れてるんだけど、何気に物語に即した凄い重要な事を喋ってるのね!
【2014/11/08 15:46】 | M3-2015秋 感想 |
ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。